スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 胃カメラに恐怖を覚えている人に朗報!鼻から胃カメラ。

4711934136_da498d05f0.jpg
※画像は、フリー画像として提供されているFlickrのFotos Gov/Baさんのお写真をお借りしました。


胃カメラ。

会社勤めをしている場合は、会社の健康診断で35歳になると強制的に受けることとなり、
会社に勤めていなくても、自治体の健康診断などでも胃カメラをのむ検査のお知らせが届いたりして、
人知れず、恐怖を感じている人は多いかもしれません。

私は、35歳になる前に会社勤めを終えてしまったので、強制胃カメラを経験せずに済みました。
しかも、おかげさまで胃に不調を感じたことがないので、実は、いまだ胃カメラ未経験者であります。
(本当は胃に不調がなくても、健康診断した方がよいのは重々承知なのですが)

バリウムをお腹いっぱい飲まされ、「昔よりだいぶよくなった(※現在では9mmの細さ)」とはいえ、
普段の生活では到底、飲まないような管を飲むのですから、想像しただけで恐怖のどん底です。

それにしても、どうして、胃カメラはオエッとなるかというと、内視鏡挿入の際に舌の付け根に触れてしまうことで、吐き気や嘔吐感を感じるそうなんです。

舌の付け根、どれだけ敏感なんだろう!まったく!

ちなみに、私は歯医者さんでもオエッとなるくらいの喉弱者(?)です。


と、ここで、そんな私と実は胃カメラ嫌いなあなたに朗報です!!
先日、病院に行ったときに、目を引くパンフレットがあったので、いただいてきました。

なんと、鼻から入れる胃カメラがあるのだそうです!

正式な名称は「経鼻胃内視鏡」。

鼻から入れることで、検査中に意志と会話ができるほど楽とのこと。
さらに、医師側にとっても、時間をかけて観察できるので、病気の発見率が高まるのがメリット。

これ、よさそうですよね。

鼻からの内視鏡は、最新型は先端部の直径がうどんと同じくらいの太さ(5mm大)まで細くなり、
できるだけ痛みを感じずスムーズに挿入できるよう、弾力のあるしなやかなチューブ(スコープ)になりました。

超小型テレビカメラの画像は、見逃しのないクリアな高画質、明るさへと改良されました。

※財団法人 防府消火器病センター「鼻からの内視鏡 胃の検査 らくらくガイドより」
※一部、読みやすくするために、内容を変えない程度に、省略している部分があります。



うどんと同じくらいの太さを想像しても、ドキドキしてしまいますが、それでも鼻からの胃カメラを経験した、95%の人が、今後も鼻からの胃内視鏡検査を希望すると答えているとのこと。
これは期待できそうですよね~。

気になる検査の手順は、

1.問診
アレルギーやその他検査に必要な事項などを聞かれます。

2.消泡剤を飲みます
胃を綺麗にします。

3.鼻腔にスプレー
局所血管収縮剤をスプレーし、出血をしにくくし、鼻の通りをよくします。

4.鼻腔に局所麻酔を注入

5.チューブを挿入し、鼻腔の局所麻酔
麻酔薬を塗った内視鏡と同じ太さのやわらかいチューブを挿入して、鼻腔の局所麻酔を行います。
痛みが抑えられ、内視鏡が通りやすくなります。

6.内視鏡検査

7.帰宅
眠くなる麻酔は使わないので、すぐに日常生活に戻れます。


代表的な手順はこのような感じだそうです。

文字で読むだけでは、ドキドキ感はそんなに変わらないけれど、とにかく95%の人が、もう一度この方法で胃の検査をしたいと言っているというだけでも、きっと、検査中は、従来の胃カメラより心地よく(?)過ごすことができるのではないでしょうか。

もし、今後、胃カメラを飲む機会があったら、そのときには、ぜひとも、鼻から入れていただければと考えています。

でも、やっぱり、胃カメラしたくないなぁ・・・これだけ、いいね!と薦めておきながら(汗)

今回は、鼻からの胃カメラについて、書いてみました!

スポンサーサイト
18:18 | いいね!
comment(8)     trackback(1)

 3月11日 14時46分

3月11日 14時46分。

もうあの日から、16日も経ちました。
あまりにもブログの更新が滞っていたから、ちょうど、ブログを書こうと思っていた頃でした。

でも、更新はこんなに時を経ることになってしまった。

このタイミングで、あの日を振り返る記事なんてと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
もしかしたら、もうたくさんって思われるかもしれません。
でも、やっぱり避けては通れないから、自分のために書くことにします。

みなさん、お元気ですか?

私は元気・・・な感じです(汗)

あの日。
予定がなんにもなかったので、数日前にプレゼントしてもらった新品のAndroid携帯を持って、ガラケーから機種変をしようと、ウキウキでauショップにいました。

順番を待っている間、お店で携帯を見ていたら、めまいがした(と思った)

そうしたら、どんどん揺れが強くなって、店員さんの誘導に従って、外に出ました。

街が揺れているの。
人がたくさん道路にあふれているの。
キャーって声が聞こえるの。

硬くて、強いはずの街が右に左に翻弄され、知らない人たちと固まって、ずっと街を眺めていました。

初めての経験にかなり血圧が上がっていたと思いますが、反面、冷静な自分もいました。

ビルの立ち並ぶ街中にいたので、いつまでここにいたらいいのか。
まだ大きな揺れは来るのか。
建物は倒れてこないのか。
家族は大丈夫か?
家にどのタイミングで帰る?
自転車は置いていく?
帰るルートはどこが安全?
仮に何かの下敷きになったときに、見つけてもらえるところは?

すごく大げさかもしれないけど、こんなことを思いました。

その後、被災地の現状がどんどん伝えられ、関東でも帰宅難民で苦労された方々、
企業や自衛隊、レスキューの方々、節電、原発に携わる方々の話などを聞き、
体験し、正直、私の心も沈んでしまいました。

なんだか、力が出ない。
絵本の企画もその数日前まではワクワクして楽しく、アイディアが浮かんでいたのに。

いつも書いていた記事も書く気になれなかった。
こんなときに、関係ない内容の記事を量産するなんて・・・と、1日数本書いていたのに、
書きたい気持ちが一切湧かなかった。

普通の生活をしよう。
私たちにできることをしよう。
正しい情報を自分の力で選ぼう。

そう思えば思うほど、なにがなんだかわからなくなった。

弱い。
弱すぎる。

被災された方々のことを思ったら、なんで私がこんなに心が折れてるんだろうね。
恥ずかしい。

でも、実際、私はこんな風でした。
元気だったんだけど、心は折れ折れでした。

だけど、やっと、ほんとにやっとだけど、創造活動を再開しようと思えてきました。
私が好きなイラストを描いてくれる方々のほっこりできる絵を世に送り届けたい。
育児関連の書籍の企画も、ママたちのためになるようなものを考えたい。
絵本も形にしたい。
いつか誰かひとりでもほっとできるような作品を創りたい。

やるぞ、やる!

えへへ。

このブログは、自分に気合を入れるためのような自己満足文章です。
もし、最後まで読んでくださった方がいらっしゃったら、ありがとうございます。

みなさんも色々な状況で、気を張って生活されていると思います。
頑張りすぎないで、深呼吸して、息を吐いて、毒吐きたいときは吐いて、
ほんの少しでも穏やかに過ごせますように。

そして、いつもありがとう!

私、今日からは、めっさ前向きだぜ☆


07:07 | つぶやき
comment(0)     trackback(0)

 バレンタインに募金する?「イラク・チョコ募金2011」


2月に入りました!
明日は節分ですね。
豆まきしなくちゃ。

a0027_002108.jpg
はらおちさんというフォトグラファーさんが無料で提供されている写真をお借りしました。


そして、2月といえば、バレンタイン。
この時期は、クリスマスとともに、毎年、私の恒例妄想として、
「今、この瞬間に愛が生まれたりしてるんだろうか」なんて、思ったりするわけです。

同時に、ここからはちょっと真面目な内容ですが、こんなイベント、浮かれ気分の対極にいる人々、
生きることに精一杯な人たちが確かにいるということも思うわけなのです。

そんな中、JIM-NET 日本イラク医療支援ネットワークの「イラク・チョコ募金2011」というものを見つけました。

この募金の内容としては、以下に説明されています。

湾岸戦争・イラク戦争で使われた劣化ウラン弾がイラクの多くの子どもたちにがんや白血病をもたらしたと言われています。

チョコ募金はイラクの子どもたちに薬を届けるための募金です。 募金してくださった方には、カードつき缶入りチョコをプレゼント!


誰かを助けるとか募金をするとかって、何かにかこつけてやるものではないけれど、
きっかけがないとできないものでもある。

偽善みたいなことを言われるのが嫌だったりもする。

じゃあ、チョコを買おう。
誰かのために、自分のために買う予定があるのなら。

詳しくはこちら↓
「イラク・チョコ募金2011」

現在は、ネットからの注文は締め切っているそうですが、専用電話(チョコ募金専用ダイヤル:03-3209-8177 (平日午前9時?午後6時))にて、まだ受付しています。

今日は、インターネットで見つけた「イラク・チョコ募金2011」のお話でした!

16:56 | いいね!
comment(0)     trackback(0)

 あけまして・・・


DSC05142.jpg


あけまして・・・いやいや、気がつけば、もう2011年も1ヶ月が過ぎようとしていますね。

ブログ更新滞り期間最長!を達成してしまいました!トホホ。

でも、心の中では、いつもあれ書きたい、これ書きたいと思って、気になるウェブページを見つければ、ブックマークし、何か資料がもらえれば、もらったりしているのでございます。本当です。

ああ、もう、やっぱり言おう。

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
(この時期にこのご挨拶、でも、やらなくては始まらないと思いますので、非常識お許しください)

そんなわけで、本年も昨年以上にマイペースになりそうですが、よろしければ、お付き合いをお願いいたします!


まず、私個人のことでは、昨年の出会いやボヤボヤ考えていたことを形にすべく、「動く年」にしようと思っています。

「書く」ということをゼロからやり直したいということと大好きな絵本制作の方向に1歩進めたらな、なんて。

子どもたちについては、上の3歳児は4月から幼稚園で新生活。下の1歳児は、そろそろ2歳になるので、卒乳だとかオムツのこととかちょっと考えていこうかなというところで、これまた新生活に入るといえば入るのかな。

でも、やっぱり、いつもながら、色々なことに興味がありすぎて、気が散っちゃって、不器用なのに、あれやこれや始めようとしたりして、途方に暮れることになりそうですので、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

このご挨拶は書くのどうしようかなと思いましたが、年始(違うけど)なので、書いてみました。

変わらぬご愛顧を?!

19:11 | ごあいさつ
comment(0)     trackback(0)

 2010年もありがとうございました!

こんにちは。
お久しぶりです!
年の瀬も年の瀬、2010年12月31日です。

朗らかに晴れて、なんだかハッピーな気分。

みなさん、お元気でしょうか?

もう、本当にスッカリ・・・シッカリ・・・更新が滞り気味のブログでございまする。


DSC05000.jpg
我が家に唯一ある戦隊もの「ゴセイジャーさん」のお人形に、旦那さんが細工をしたために、3歳児のの顔が曇ったのは言うまでもありませんな年末。(写真はボケているけど、撮りなおさないというズボラさは今年もそのまま。


さて、みなさんにとって、2010年はどんな1年でしたか?
漢字一文字でお願いします(笑)

私は、「震」でしょうか。

今年の初めから秋頃まで、「インテルのあなたを作家にするプロジェクト」というのに絵ことばユニット「アリクイ屋」として、参加させていただき、8,000作品を超える応募の中から、ベスト30に選んでいただいたこと。

これは、喜びと武者震いという感じで、心がふるふる震えました。

出版ができるとは期待していませんでしたが、私たちの作品が、少しでも多くの方に見ていただけたこと、そして、多少なりとも評価いただけたことが、励みになり、更に、心がふるふる震えました。

現在、絵を担当してくれているアーティストのKARAGONは、段ボールアートユニット「LUNA..CLIP..」の活動に力を入れているので、現在は、アリクイ屋はお休み中ですが、KARAGONもいつしか・・・と言ってくれているので、近い将来、活動を再開できればと思っています。

それにしても、「LUNA..CLIP..」の段ボールアートたち、とっても素敵です。
今日から1月2日まで、品川プリンスで行われるニューイヤーアート展に出展しているそうなので、お近くに行かれる方は、是非、足を運んでみてください。私も、行けたらいいなと思っています。

ちなみに、こちらが何度も紹介させていただいた、アリクイ屋の絵ことば集。
【アリクイ屋 絵ことば集 月夜の虹】


それから、我が家的な話ですと、3歳児の幼稚園が決まりました。

私も初めてのことだったので、「願書は前の日から並ばないともらえない」だとか「○○しないと幼稚園浪人になるかも」などという噂に翻弄され、恐怖におののきながらも、元気すぎる彼を来年から幼稚園に送り込むことができそうです。

あと、1歳児は、テーブルの上に登って滑って落ちて、救急車で運ばれたなんてこともありました。幸い、大事には至らず、3針程度、縫っただけでした。

いずれも、かなりふるふる震える体験でした。

個人的には、あるサイトのお手伝いをさせていただくことになり、メールマガジンを執筆させていただいています。まだまだ独り立ちには程遠いクオリティと至らない点だらけですが、少し「書くこと」を始めました。

その他、個人のお店のサイトリニューアルのお手伝いをしたり、ちょっとずつ記事を書かせていただいたりということが始まりました。

また、可愛いイラストを描くイラストレーターさんにラブコールを送ったところ、一緒に絵本を作っていただけることになったので、2011年は絵本もキーワードに何か形にできればと思っています。

この出会いも、ふるふるしました。

そんなわけで、私の2010年は特に大きな前進はなかったけれど、2011年に繋がるといいな?という感じで終わっていきそうです。

毎年、言っているような気もしますが、来年はもう少し、色んな人に会いたい。
新しい出会いも今までの大切な人たちと会う機会も。
是非、お声がけくださいませ。

そんなこんなで、本年もありがとうございました!

来年も危なっかしい感じで、あちらこちらに手足を伸ばしそうな私ですが、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします!

では、よいお年を?。

うほほ。


12:31 | つぶやき
comment(2)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。