スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 月への階段(Staircase to the Moon)

当たり前だけど、世の中には、神秘的な事が、ゴロゴロ転がっている。

月、太陽、水、光、空気、位置関係、地球の自転など、複雑な組み合わせで、起こる自然現象。
それは、すごく絶妙なタイミングで、不思議であったり、美しい姿を、私たちに見せてくれる。

身近なものとしては、虹がその1つですね。
あとは、皆既日食や皆既月食、オーロラなんかもそうだと思います。

そして、今回は、そんな中でも、満月の夜にだけ見ることができる、こんな神秘的な光景があるそうなので、ご紹介してみようと思います。

その名も【月への階段(Staircase to the Moon)】

st_moon.jpg
これが月への階段。写真に撮るのが難しいらしい。本当に見たら、きっともっと感動的だと思われます!
オーストラリア観光局提供。


月への階段とは、ロマンチックな名前がついていますね☆

【月への階段】とは。

満月の夜にだけ、穏やかな海面にそっと月へと導く光の階段が現れるというもの。

夜の干潮時、水平線すれすれに月が姿を現し、まるで昼のように明るく海岸を照らしだす。

その海岸に打ち寄せる波の上を伝うように現れる一筋の光の帯。
その光の帯の先は海上に浮かんだ月へと続き、あたかも波の上を這う階段のように見える…

このような現象を【月の階段】と呼びます。



残念ながら、その月の階段は、満月の夜なら、どこでも見られるわけではありません。

どこで見られるのかというと、オーストラリアです。
しかも、西オーストラリア州北部にあるブルームという小さな町。

au_map.gif
ブルームの位置はここ。AllAboutのサイトよりお借りしました。


そのブルームに「月への階段」が現れるのは、毎年3月?10月頃の満月の日から3日間。
その中でも、雨季の影響を受けない8月、9月が一番見られる確率が高いそうです。

市内中心部に程近い Roebuck Bay(ローバック・ベイ)のタウン・ビーチ付近が最もベストなビューポイントとして知られています。

なぜ、この地域で、このような現象が見られるかと言うと、

オーストラリア西部地区は、満潮と干潮の高低差が12メートルにもなる特異な場所で、干潮になると遥か彼方まで海底が露出し、取り残された汐だまりが遠々と連なって月明りを映し出すのです。

 満干差の大きさは地球上で一様ではなく、海流や湾岸の形状など様々な要因によって変化しますが、この地区は、地球上でカナダ東部のファンディ湾(高低差16メートル)に次いで満干差の大きな場所なのです。



月の階段が何故できるかは、まだまだ解明されていない部分もあるかもしれませんが、きっと、複雑な条件が重なり合って、この神秘的な光景が見られるのでしょう。

私は、オーストラリアは、一人旅しましたが、ウルル(エアーズロック)も、間近に見た時は、心がスーっと洗われるような気がしましたし、都市部ではない場所は、砂漠地帯が広がっていて、どこまでも地平線が続いていたりして、本当に大きな大地を感じました。

今年も、この「月への階段」を見るツアーがいくつか企画されているようです。
その日程表など横目で見つつ・・・
また、いつか、素敵な現象に会いに、オーストラリアに行きたいな?と、思ってしまいました。

世界には、そして、宇宙には、まだまだ神秘にあふれた現象が、たーくさん。
死ぬまでにいくつ、体験できるかなぁ。
なんて、【月への階段】の事を調べながら、ちょっとセンチメンタルな気持ちになったのでした。

スポンサーサイト
21:13 | みたい!
comment(0)     trackback(0)

 【カールじいさんの空飛ぶ家】観たい!!!

この映画、観たいな?と思いつつ、気がつくと上映が終わっている事が多いです(T_T)

色々な映画を観たいのですが、今は、なかなか、映画館に足を運ぶ事ができません。

でも、いまや、映画の終了からそんなに待たずに、DVDが発売されたりしますよね。残念ですが、それを待つ事にします!!

私が、今観たいのは、モンスターズ・インク ファインディング・ニモを手がけたピクサーの最新作。

carl.jpg

【カールじいさんの空飛ぶ家(ディズニー公式サイト)】です!

ピクサーと言えば、本当に色鮮やかで、細部まで細かいタッチで、まるで本物かと思うような素晴らしい映像と、ちょっとしんみりしたり、心があったかくなるようなお話を届けてくれていますね。

モンスターズインクは、可愛いキャラクターと心が温まるお話で、私の母、私、子供達と、3世代みんな大好きです。何度も観ています☆

そして、今回の【カールじいさんの空飛ぶ家】のサイトを見ると、ちょっとした動画を観ることができます。

私は、それを観ただけでも、目がジワッとしてしまいました。

これは、あなたの物語です。
大切なものをなくしたとき、あなたなら・・・?

『愛する妻が死にました。だから、私は旅に出ます』
そんな、カールじいさんの物語です。


続きを読む... »

08:50 | みたい!
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。