スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ズボラーの簡単どんぐりクッキーの作り方

DSC04605.jpg

先日、3歳児とどんぐりを拾ってきました。

どんぐりと一言で言っても、色々な種類があるんですよね。
どんぐり関係、全く詳しくないのですが、後で調べてみたところ、マテバシイかな…と。

工作などに使うのもいいけど、せっかくだから、食べちゃおう!
というわけで、どんぐりクッキーに変身してもらいました。

以下、私がやった手順です。
一応、調べたのですが、途中で他の用事をしてしまったりして、結局、オリジナルな作業&時間経過となってしまいました。

○殻はペンチなどで割る。
硬いです!

○あく抜きの為、お水につけて、一晩くらい置く。
私は、1日半くらい漬けちゃった。

○若干ふやけたところで、甘皮を剥く。
甘皮は、綺麗にむけなくてもOK!(としました(^_^;))

○チョッパーやミルなで、細かくする。
包丁で細かく刻んでもよいと思いますが、結構、大変かもしれません。

○水気を切って、フライパンで炒る。

○クッキー作成

【分量】50?60枚分(結構多いかもなので、半量でも。うちは食べちゃいます)
薄力粉 240g
どんぐり 80g
バター 60g
卵 1個
お砂糖 大さじ5

【レシピ】
○バターをチンして溶かし、そこにお砂糖を混ぜ、薄力粉、卵、どんぐりを入れて混ぜる。
○170度に予熱したオーブンで、20?25分くらい焼く。


これは、そんなに甘くない分量なので、普通に甘いクッキーがいいなと思ったら、お砂糖を大さじ1?2増やしてみるといいかも。

全工程の時間はかかりますが、作業自体は、いたって簡単。

重要なお味の方はと言うと、心配していたエグみのようなものはありませんでした。
歯ざわりは、どんぐりのゴツゴツがナッツのようでいい感じ。
でも、インパクトという点では、あまり「どんぐり」の主張を感じられませんでした。

もっと「どんぐり味」が欲しかった!

お水に漬けすぎたのが原因か、炒り方が足りなかったのか。

クッキーとしては、普通においしいけど、もっとパンチが欲しかったなぁというのが個人的な感想。
でも、あく抜きしないとそれはそれで、マズそうだし…。

というわけで、いい塩梅の状態を作り出すまで、まだまだ修行です。

子どもと一緒にどんぐり拾い。
そして、一緒にクッキー作り。
なかなか、楽しい時間。

また拾ってこよーっと。

スポンサーサイト
11:02 | 作った!(お菓子)
comment(1)     trackback(0)

 我が家のパンケーキ最高レシピ決定!(今のところ)

うちは小麦粉の消費率が、結構、高いと思います。

パンケーキ、お好み焼き、お菓子、パンなどをとにかく作ります。

いまや、ホットケーキミックスは、ご家庭の常備品らしいということを何かの記事で読みましたが、我が家は、ホットケーキも薄力粉で作っています。

というわけで、私のさじ加減(ダメですね)で、焼き具合や味が変わってくるんです。
人はこれを適当というかもしれませんが、一応、【研究】をしているつもりです(^_^;)

卵なしとかも試してみたり、BP(ベーキングパウダー)なのかBS(ベーキングソーダー)なのか。
薄力粉オンリーか、薄力粉+強力粉か。
お砂糖の比率は、どうか。
はちみつを入れてみる。
ヨーグルトを入れてみたり。

今まで、ハワイのEggs’n Thingsのパンケーキみたいに、ちょっとどろっとしたようなものから、固めのものまで、何通りも試してきました。

でも、最近、なかなか好評だった配合がありましたので、覚書的に、レシピ、載せてみます。

【分量】※おたま1杯×20枚位(大人2+幼児2で食べました)
小麦粉 320g
ベーキングパウダー 小さじ6
砂糖 大さじ6
塩 小さじ1
卵 2個
牛乳 500cc
溶かしバターまたはマーガリン(今回は無塩)40g

【作り方】
・バターかマーガリンをレンジでチンして、溶かしバターを作る。
・小麦粉、BP、お砂糖、塩をボウルに入れ、軽く混ぜる
・卵、牛乳、バターも軽く混ぜ、粉のボウルに投入!
・フライパンにマーガリンかバターをひいて、おたま1杯か少し少ないくらいを入れる。
・表面がプツプツとして、きつね色になったらひっくり返し、もう片面もきつね色になったら、できあがり。

お好みで、はちみつなどをかけて、どうぞ☆


こちらは、ふんわりしていますが、厚みは薄いので、意外とパクパクと食べられると思います。

というわけで、我が家のパンケーキの黄金比率は、こちらに決定!
でも、日々、研究は続けたいと思いますので、今のところは、このレシピ!ということにしておきます。

写真を撮るのを忘れてしまった・・・。
以上、自分の為の覚書でした☆

20:00 | 作った!(お菓子)
comment(2)     trackback(0)

 魅せられて。炊飯器クッキング。

DSC01889.jpg
卵を塗れば、ピカピカ美味しそうになるのにと思いつつ、最後の詰めはしないズボラパン。


私は、パンやピザ、お菓子を作るのが大好きです。

【下手の横好き】から、【好きこそものの上手なれ】に、いつまで経ってもステップアップしないのですが、それでもめげずに、楽しく作っています。

そんな私が、お料理からお菓子作りまで、よくお世話になっているのが、【炊飯器】。

何かあると、すぐに「スイッチオン」してしまうんです。

だって
だって

驚くほど、マルチプレイヤーなんですもの。

あんなものからこんなものまで、作ってくれます。

炊飯器は、「お米を炊く」だけでは、もったいないと思います!!

というわけで、今日は、とにかく、炊飯器におまかせしましょうー、スイッチオンしてみましょうよーというお話。

続きを読む... »

20:15 | 作った!(お菓子)
comment(0)     trackback(0)

 寝ててもできる(?)簡単ナンの作り方

 

DSC02034

小麦粉率が高い我が家。

見た目や味はともかくとして(ダメですね・・・)、お好み焼き、パン、ピザ、お菓子など、ほとんど毎日に近い頻度で、何かができあがります。


いずれも、簡単、ズボラレシピばかりです(^_^;)
いつか本格的な物も挑戦してみたいのですが・・・。

というわけで、ナンも何度か焼いています。
本当に簡単なのですが、材料とレシピをご紹介します♪

【材料 ( 6枚 ) 】
強力粉     250g
イースト     6g
砂糖     20g
塩     2g
水     150cc
バター 大さじ1

【作り方】

材料を全て混ぜて、こねる (最初は大丈夫かな?と思うかもしれませんが、だんだん丸くまとまってきます)
100度で30秒 チン(簡単発酵)

そのまま、レンジの中で、10分放置
取り出して、しずく型に成形してフライパンで焼く

 


石窯とかオーブンとかで焼くわけではありませんが、フライパンやホットプレートで焼け、それなりのナンが楽しめます。

私のような不器用者でも、朝、ちょっと寝ぼけているような時でも、簡単にできます?。


カレーのお供はもちろん、手軽なので、ちょっと、何か食べたい時に。
また、キャンプなどでも簡単に焼けると思います。

焼く時にバターを乗せれば、バターナン。
焼いた後に、シナモンパウダーを乗せれば、シナモンナン。
私は、自家製の(失敗したと思われたけど、意外とイケた)マーマレードを、焼いた後に乗せたりしました。

色々なバリエーションが楽しめる、ほんのり甘いシンプルナンです☆

粉があれば、できるから。
本当にすぐにできるから。
形が不細工でも、作る楽しみがあるから。

というわけで、小麦粉で手作り推進いたします☆

今日は、本当に簡単にできる、ナンのレシピのご紹介でしたっ!

00:18 | 作った!(お菓子)
comment(0)     trackback(0)

 無農薬みかんのマーマーレード・・・・

先日、無農薬のおいしーーーーみかんを頂ました☆

普段は、面倒だから皮をむかない(自分から進んで、みかんを食べない。)旦那様。

ちょっと酸っぱいと、「すっぱーいすっぱーい」と連呼する王子。

未確認物体があると、無言で吐き出すチビ王子。

そんな3人が、先を競って食べたみかん。

どれだけおいしいかというと・・・

本当に味が濃くて、日本人で良かった?と思える、そして、こんな素晴らしいみかんを作ってくださった、みかん農家の方々を、誇りに思う!!!という位!

で、せっかく無農薬のみかんを頂いたのだから、マーマレードを作っちゃおう!!

というわけで、無農薬みかんのマーマーレード作りしてみたのですが・・・

してみたのですが・・・・・。

今日は、そんなお話を少し。

続きを読む... »

10:01 | 作った!(お菓子)
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。