スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ミッキーマウスの誕生日に、マウスの話でも。


walt-disney_mickey-mouse.jpg


私は、熱心なディズニー信者ではありません。

特にねずみ好きというわけでもありません。

パソコンとか電化製品に詳しいわけではありません。


でも、本日11月18日は、国際的人気アイドル(?)ミッキーマウスさんの82歳のお誕生日(1928年生まれ)。

そんな訳で、無知な私が個人的に「へー」と思ったことをご紹介します。


パソコンを使われる方は、マウスの存在はよくご存知だと思います。
説明するまでもないと思いますが、カーソルを動かしたり、クリックする時に使います。

ねずみの形に似ているから「マウス」と呼ばれるようになったそうです。
これは、なんとなく納得ですね。

そして、私が「へー」と思ったのは、【マウスの感度を示す単位はミッキーであるということ。

1ミッキーは1/100インチマウスを動かすことを意味する。
このとき画面上でカーソルが何ドット動いたかを、ミッキー/ドット比で指定することで、プログラム上のマウスの感度は実装される。

命名者はマイクロソフトのプログラマーだったクリス・ピーターズであり、この単位名はミッキーマウスに由来する一種のジョークと推測される。

彼はマイクロソフト社の105人目にあたる社員で、Windows上のマウスドライバなど根幹部分を開発した。

wikipediaより。

パソコンやインターネットに詳しい人にとっては当たり前のことかもしれませんが、何かの単位に、よく知っているキャラクターの名前が使われているとは思ってもみませんでした。

日本だったら、ドラ焼きを口に運ぶ速度を「1ドラ」と言うとか、そういうこと?
いや、もっと深く、国際的な話ですよね。

というわけで、今年、82歳のミッキーさんは子供たちに愛され、そして、その子供たちが大きくなり、新しい単位制定や発見をした時に、その名前をつけてもらうまでの存在であることは確か。

私は、一生使わない単位のような気がしますが・・・、とにもかくにも、ハッピーバースデー!ミッキーさん♪





スポンサーサイト
10:29 | なるほど!
comment(2)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。