スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 4月21日「月面の×」を発見せよ!!

今宵、もしかしたら、月に何か変化が現れるかもしれません・・・。

moon-x3.jpg
Credit: Denis Fell


なんと、本日4月21日、19時前後、月面に【×】が浮き上がるかもしれないというのです!!

今回の現象は、望遠鏡が必要になると思いますが、もし、お持ちの方は、是非是非。

月の欠けぎわをよく見ると、明暗の境目をこえて、山の頂上やクレーターのふちのてっぺんだけが照らされています。 そんな奇跡的なタイミングで、「×」が浮き上がる現象が起こるそうです。

天気予報では、今日の関東の夜は曇?晴れという感じのようなので、みなさんに、「月面の×」を発見せよ!!という指令を出すだけ出してみたいと思います(笑)

もちろん、関東以外、全国の方も是非♪

【実際に観測を試みる方】

月面の南緯25.5度、東経1.1度の地点が明暗境界線(太陽光のあたっている面とあたっていない面の境)となる場所に1時間ほど見られるのが、この「月面X」です。

望遠鏡で見て、月の南端から北へ1/3ほどいったところに隣接する2つ並んだ クレーター、アリアケンシスとヴェルナー(それぞれ約80km、70kmの直径)がみつかります。その2つ並んだクレーターの、並んだ延長方向に「X」が見つかります。



この不思議な「×」は、ブランキヌス、 ラカイユ、 プールバッハの3つのクレーター壁によってできた地形だそうです。

これまでの観測報告に基づき、 月の暗界線の経度を約358度に設定し、さらに、ヴェルナークレーター(南緯28.1度、東経3.3度)において太陽高度が1.4度になる頃を設定すると、日本で今後(2009年5月以降)、夕方?夜にかけて見る条件が良さそうなのは、


2009年5月31日(21時前後)、11月24日(19時前後)
2010年4月21日(19時前後)、12月13日(18時前後)
2011年2月10日?、10月4日?
2012年1月1日(18時前後)、2月29日?、4月28日?、6月26日?、8月24日(19時前後)、10月22日(20時半前後)


などです。

というわけで、限られた日時の限られた時間、更に悪天候では観測できないということで、もし、見ることができたら、とてもラッキーかもしれません。

そんな稀な状況なので、それまではあまり報告されていなかったらしく、2004年にカナダのアマチュア天文家らが、たまたま月面「X」を目撃し、そのことを雑誌や会誌、インターネットで発表したことから次第にに注目されるようになったという、知る人ぞ知るという現象かもしれません。

きちんと位置を特定できれば、おうちにあるような小型の望遠鏡でも見られるそうですよ!
もちろん、お天気にもよりますが。

さあ、【月面の×】、見つけることができるでしょうか!?


※「月面の×」のお話は、【はまぎんこども宇宙科学館】のサイトを参考&引用させて頂きました。

スポンサーサイト
07:33 | 宇宙!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/112-e0b8834f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。