スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 七色の魔法。【虹-rainbow-】のお話。

231064_16.jpg
ハワイのアラモアナショッピングセンターの駐車場から友人のkeikoちんが撮った写真をもらいました☆Thanks!

虹。
見ると、幸せな気持ちになれる七色の魔法。

虹といえば、みなさんご存知のように、【太陽の光が空気中の水滴によって屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて複数色(日本では七色とされる)の帯に見えるもの】です。

虹の始まりはどうなってるんだろう。
弧を描いていない虹はあるのかな。
中途半端な色の虹はあるのかな。

疑問に思うことは、次から次へ。

夢と幸せの象徴だから、科学的に全てを知りたいわけではないけれど、古来から、空に現れた虹を見た人々は、色々な事を思ったようで虹についての伝説や逸話は、各国によって様々。

今日は、そんな虹のお話を少し。


やはり、虹といえば、rainbow state(虹の州)とも言われているハワイではないでしょうか。

1日1回(それ以上?)と言っていいほど、虹と出会える確率が高い場所。
まずは、そのハワイの【虹】にまつわるお話。

ハワイの神話には、メネフネ呼ばれる妖精、小人が登場します。
彼らが、雨が降るとき、ネズミ色だけの世界では寂しいから、虹を作ろうと、6つの材料を集めました。

その虹の材料は、
'ULA'ULA(赤)・・・赤い羽根(王家の象徴となる高貴な飾り(Kahiliといいます))
'ALANI(オレンジ)・・・イリマ(オアフ島の島の花)
MELEMELE(黄)・・・バナナ(Mai'a)
OMA'OMA'O(緑)・・・シダ(神様に捧げる神聖な葉っぱ)
ULIULI(青)・・・深海で汲んだ水
PONI(紫)・・・王女のドレス(HOLOKUといいます)

それらを混ぜ合わせ、神から授かった特別な力を持つカフナが、
サトウキビの茎につけて太陽の光に照らしたところ、茎についたしずくが6色に光りました。
その液を矢に浸し、雲めがけて放つと、一粒一粒の雨粒に蓄えられました。
こうして、Anuenue(ハワイ語で虹)が完成しました。

今では、虹が出ると、そこには神様が近くにいると言われてるそうです。



小人たちが、グレーの雨降りを、文字通り、魔法を使って、素敵な世界に変えてくれたという素敵なお話。
ハワイにあるカラフルな自然の恵み達が、小人たちの頑張りによって、天に昇って、虹になった。
そんな風に思うと、なんだか、幸せな気持ちにしてくれて、ありがとう!と小人たちに感謝したくなりますね☆

続いて、簡単に、その他の国の虹にまつわるお話です。

★日本では、「にじ」は万葉集では「ぬじ」、日本霊異記では「にじ」とあり、池や沼の霊物ぬし(主)の意味で、虹を恐ろしい霊物に例えたのであろうという説があります。

★rainbowの語源は、雨(rain)と弓(bow)です。雨によってできる弓と言う意味。

★中国では虹は、虹霓(こうげい)と呼ばれる雌雄の龍だとされていました。虹が雄で、霓が雌。雨によって天地が結ばれ、竜が水を飲みにくるときに虹ができるのだそうです。

★ドイツの伝承によると、虹の根元には金のカップがあるとされています。虹は水を飲みに天から現れるのですが、虹が水を飲んでいる間に虹の根元に辿り着ければ、そのカップを手に入れることができるのです。

★ユダヤ・キリスト教の世界観では、ノアの洪水で滅ぼされた後の人類、すなわち現在の人類と神との契約の印を示している、神聖なものだと考えられています。

★チベット密教では、ゾクチェンという修行体系で、虹の身体と名付けられた瞑想体験があり、そういった意味で、悟り・解脱の体験と結びつけられています。

★ギリシャには、イリスという虹の女神が登場します。その女神は、鮮やかな衣を着て、金の翼を持ち、神々の使いとして虹の橋を渡って天地を行き来するそうです。



そして、「虹はなん色?」
世界の数え方です。

日本:7色 赤、橙、黄、緑、青、藍、紫
イギリス:6色 赤、橙、黄、緑、青、紫
アメリカ:6色 赤、橙、黄、緑、青、紫
ドイツ :5色 赤、黄、緑、青、紫
フランス:7色 赤、橙、黄、緑、青、藍、紫

このように【虹】に対してのイメージや数え方、考え方などは世界各国それぞれですが、今では、おそらく、「見られるとラッキー、嬉しい!」というのが、大多数の共通な気持ちではないでしょうか。

少なくとも、私はそうです。

虹を見た瞬間は、世界で一番幸せじゃないかと思います。
そして、なんだか、ニンマリしてしまいます。

そんなこんなで、幸せになっちゃいましょう!というわけで、ちょっと変わった虹の写真をいくつかご紹介します♪

090909-2.jpg
サイトからお借りした虹。おそらく同じハワイで撮ったと思われる。ダブルレインボー!ハワイでは結構よく見られます。


Rainbow End of the Rainbow with Trees after Rain
これもハワイかなと思います。直線的な虹。私もハワイで見たことがあります。ほんとうにまっすぐなんです!


ba_rainbow.jpg
逆さ虹(?)色々な角度で現れますね☆

あとは、マウイ島では、見ると幸せになれるという、月の光で見える、夜の虹【moonbow(ムーンボウ)】というのもあるそうです。

理論上は、宇宙でも虹のような現象が見られるそうです。
そんな幻想的な虹も見てみたいですね?。

4月だというのに、雨降りの日も多かったりしますが、雨上がりは、是非、空を見上げてみて下さい。

綺麗な虹が現れているかもしれませんよ♪


今日は、虹についてのお話でした。

スポンサーサイト
09:09 | ステキ!
comment(4)     trackback(0)
comments
うつくしいことをうかがいました。
レイン ボー 雨の弓だったのですね。しりませんでした。
2010/04/19 13:09 | | edit posted by あゃお ゆきえ
虹を見て、幸せにならない人はいない気もします。

国によって、素敵な逸話が沢山あるんだね。

面白い虹もたくさん見れました。
幸せのおすそ分けありがとう☆
2010/04/19 17:38 | | edit posted by koiyama
ちゃおゆきえさん

コメントありがとうございます☆
本当に、虹は美しくて、心がほっこりしますよね。
素敵な逸話も沢山ありますし♪

ああ、本物の虹が見たくなりました~!!
2010/04/20 10:04 | | edit posted by おひさま☆
koiyama

コメントありがとう!
虹は、本当に嬉しくて、幸せな気持ちにしてくれるよね~。

本当はもっといろいろな国の逸話を探したかったんだけど!

いいよね、夢があって、楽しいよね(虹をマイナスの存在に捉えたものもあるけど)
2010/04/20 10:07 | | edit posted by おひさま☆
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/129-b5a33d1a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。