スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 2010年 夏の【100万人のキャンドルナイト】は、6月20日?7月7日。

mainvisual.jpg

今年も夏至が、近づいてきましたね。
というわけで、やっぱりこの話題かなと思います。

今日は、恒例の【100万人のキャンドルナイト】のお話。

【100万人のキャンドルナイト】というのは何か、簡単に言うと、毎年、夏至、冬至の夜8時から10時の2時間、電気を消して、ロウソクの明かりで過ごしましょうという試み。

この夏は、6月20日?7月7日が、キャンドルナイト期間だそうです。
もちろん、呼びかけ期間が上記なだけで、1年を通して、キャンドルナイトを過ごしてみるなんて事ができたら、それが理想に近いのかもしれませんね☆

以下が、呼びかけ人の方々からのメッセージです。

「100万人のキャンドルナイト」は、無理して電気を消したり、大声をあげて反対を叫ぶ運動ではありません。

みんなが電気を消すことが、地球温暖化の防止になるということが一番大切な目的でもないのです。

テレビや部屋の照明は落としても、ラジオは聴いていたいし、携帯電話で話したい、そういう普段の暮らしの事情をやめてまで、ろうそくの灯りで過ごしても、無理をすることの先にあたたかい未来があるとは思えないのです。

普段の暮らしをしながらも、過剰な電飾の明かりにまみれた日常から少しだけ、自然の光だけで「過ごしてみる」。

1年のうちたった2時間、好きなろうそくの灯りをともしてみる。この時間をどういう風に過ごすのかも、みなさんのアイディア次第です。

恋人と2人きりの時間。
久しぶりの友達と会ってお酒を飲みながら語る時間。
音楽を聴きながら1人きりで過ごす時間。

そうして1人1人が過ごす時間の先の未来にわたしたちが描いているのは、自然であたたかい平和な地球の姿です。



私は、「エコだ!エコだ!」と叫ぶのは苦手ですし、そういうのを強制したり、されたりするのも、なんだかちょっと違うなぁと思っています。

でも、こちらは、呼びかけ人の方々のメッセージからもわかるように、無理してストイックにやるものでもないし、やらないといけないものでもない。

それに、なんだかカッコいいよねとか、みんながやるからやろうって事でもないと思います。

もちろん、【エコだから】やるというのでもありませんよね。
それは結果であって、目的ではないんです。

昔から私たちのそばにあるロウソクの優しい光のなかで、思い思いの時間を過ごしてみましょう。
恋人や旦那様と甘い時間を過ごすのでもいい。
子供達とワクワクする時間を過ごすのでもいい。
一人で静寂と灯りを楽しむ時間を過ごすのでもいい。

そうしたら、今まで見えていない物が見えてきたり、こんな時間もいいのかもと思ったりするかもしれません。

それに、なんだか、小さく幸せを感じるかもしれません。

そんな風に肩の力を抜いて、大切な時間を過ごすきっかけを作ってくれるのが、この【100万人のキャンドルナイト】なのではないかと思います。

さあ、夏の始まりに、キャンドルを灯して、のんびりとした夜を過ごしてみませんか。

詳しくは、【100万人のキャンドルナイト】のサイトで☆

スポンサーサイト
15:17 | いいね!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/140-d052f6ef
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。