スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 【ブックレビュー】「成功はゴミ箱の中に」 レイ・クロック著

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
【成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)】

帯には、ソフトバンクの孫さんとユニクロの柳井さんの【これが僕たちの人生のバイブル】の文字。

というわけで、起業や経営を志す方は、読まれた方も多いかもしれない、レイ・クロックの自伝。

レイ・クロックは、マクドナルドのフランチャイズシステムを構築し、今のように、全世界にマクドナルドを広めた人、いわゆる現在の「マクドナルド」の創業者。

実際は、彼がゼロからマクドナルドを作ったわけではなく、不動産、ペーパーカップの営業、マルチミキサービジネス、ピアノマンなど多くの経験をして、その中で、出会ったマクドナルド兄弟の考え抜かれたレストランビジネスに興味を持ち、外食業界素人のレイが、権利を得て、フランチャイズ化して、広めていったものです。

私は、旅が好きなのですが、宗教的な理由で受け入れられない地域は除いて(今となっては、そういう場所もかな)、コカコーラとマクドナルドは、本当にどこでも見かけるように思います。

今後は、宇宙ステーションなどにも、本当にできてしまうのでは・・・と思うくらい、都市部から郊外、どこにでもあるようなマクドナルド。

そんな偉業を成し遂げた人の自伝ということで、起業や会社を運営するノウハウが書かれているのかな・・・と思って読み始めたのですが、この本から伝わってくるのは、自信と情熱とやる気と行動力、直感。
とてもポジティブな・・・というか時にはアグレッシブ(攻撃的)なほどのパワー。

52歳で、マクドナルドを始め、恋も奔放。
欲しい物は、必ず手に入れる、夢は実現する。
生涯現役。

これだ!と思ったことは、やってみる。
しかも、全力投球するから、自信もあり、反対があれど、自分を信じ、【やってみる】。

こういった経営者や起業家は、独裁と思われ、敵も多かったかもしれない。
でも、彼は、敵も作ったかもしれないが、周囲の人の事を大切にしたことで、晩年には、もう一生会わないかもしれないと思っていた、昔のライバルと素晴らしい再会を果たしたりしている。

【成功した企業】についてのノウハウやうんちくをしっかり読みたいという人には、あまり向かないかもしれないけれど、何かを成し遂げるには、これくらいのパワーが無いとね、よし、頑張ろうーと肩を押してもらえる本だと思います。

【経営者】としてだけのレイ・クロックではなく、私生活のことも書くことにより、より、人間臭い部分にも触れることができます。

こちらは、レイ・クロックのことば。
本当に彼の人生が凝縮されていると思います。

Be daring(勇気を持って)
Be first(誰よりも先に)
Be different(人と違ったことをする)


孫さんと柳井さんの対談も、「ほー」と思うところがたくさんありました。
柳井さんの、レイ・クロックの金言、私はこう読むという付録も読み応えがありました。
ご自身のお話なども交え、レイのことば、やり方を全て、賞賛しているわけではなく、冷静な分析がよかった!

やりたい事が多すぎて、どうしたらいいか、途方にくれている私。
もし、レイが、私のおじいちゃんだったら、「何をしてるんだ!まず、やってみろ!」と喝を入れられたかもしれないなぁ。
もちろん、彼は自分の経験や直感があっての判断で成功をつかんだのですが。

文章自体は難しいことはなく、サラッと読めました。
学生さんや会社勤めの方、起業を考えている方はもちろん、なんだかパワーが足りないなぁと思っている方には、読んで頂きたい1冊かなと思います。

もう、とにかく、パッションパッションです!

スポンサーサイト
14:07 | 読んだ!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/149-bccb29ab
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。