スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 息子の初工作でござい☆

我が家の3歳児は、まだ、保育園や幼稚園には行っていません。

なので、今まで、工作という工作は、なかなか体験したことがありませんでした。

でも、先日、「パパと遊ぼう」というイベントがあり、人生初の工作とも言える作品を作ってきました☆

どんなものかというと・・・どどどーん。
こちら。

DSC03186 (800x600)

双眼鏡です!

ピンクの紐や絵を描いたり、ウサギちゃんの型を貼ったりは、自分で選んで作ったそうです。
赤と緑のセロファンが、レンズ部分に貼りつけてあり、3Dの写真を見たら、ちょっと浮き出て見えました☆

初めての作品が気に入ったのか、家に帰ってきても、しばらく、首から双眼鏡を提げていました。

すごく上手とかではないと思うし、保育園や幼稚園に行っているお友達は、もっと素敵な作品をたくさん作っていることと思いますが、一応初工作ということで、ここに残しておきたいと思います。


というわけで、息子へ。

これから、たくさんの物を作ることでしょう。

母は不器用なので、工作の時間や美術の時間は、思うように描けなかったり、工作したものが上手に動かなかったり、不細工なものがたくさんできたから、ちょっと自信がなくて、作ったものを提出するのが恥ずかしかったよ。

でも、大人になって思うことは、本当にやりたいように描いてみればよかったんだって。
作ってみればよかったんだって。

何かについて、目に見える色は、例え、「赤」だったとしても、自分が「青」だと思ったら、そうすればいい。

「これは、赤だ」という大人(先生とか)だって、正解を持っているわけではないし、大人だから、固定概念から離れることは、なかなか難しいんだよ。自由に空を飛ぶことも忘れちゃう。
それに、多分、なんで、赤なのかだって、説明できないと思う。

「こうあるべき」なんて、きっと芸術の世の中にはないのだから。

みんなが上手だねって、言ってくれたら、嬉しいし素敵なことかもしれないけど、周りからの評価の為に作るわけではなく、自分の作りたいものが形にできるといいね。(私は頭の中に描いたことが全く形にできなかった(笑))

型にはまってもいいし、はまらなくてもいい。
こうあるべきを作るのではなく、こうしたいなを作っていこう。

そして、一番大切なのは、楽しめること。

って、器用な旦那さんに似れば、こんなこと思うこともないでしょう。
でも、万が一、私に似る・・・ってことも考えられるので(そしたら、ごめんね(^_^;))

そんなわけで、ちょっとした工作でも、なんだか、成長が感じられて、とても嬉しい気分になりました♪

楽しい作品が、これからもたくさん増えますように!!


スポンサーサイト
08:53 | コドモ!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/150-f92542bd
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。