スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ムーミンについてプチ調査。8月9日はムーミンデー。

10moodaytop.gif
8月9日はムーミンデー。今年は、65周年!画像は公式ページから転載。

多くの人に親しまれているムーミンと仲間たち。
今年で、65周年だそうです。

というわけで、今回は、ムーミンについて、ちょっと、調べてみたいと思います☆

ムーミンは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンが描いたお話。
主人公の男の子、ムーミンを含む、ムーミントロールたちは、フィンランドのどこかにあるとされる妖精たちの住む谷・ムーミン谷(スウェーデン語:Mumindalen)に住んでいるとされています。

☆ムーミンの歴史☆
フィンランドの多島海を望むペリンゲという小さな村。その村にある一軒の家の外トイレのすきま風よけの厚紙に鉛筆描きの小さな絵がありました。今では色あせて輪郭もはっきりしませんが、大きな鼻のその生き物の下には「スノーク」と書かれています。この生き物こそが、初代ムーミン、今のムーミンの原形ではないかと言われています。

ムーミントロールのデビューは、1934年。20歳のときにトーベは『黒いムーミントロール』という水彩画を描いています。そこにはシルエットながら大きな鼻と耳をもった、明らかにムーミントロールとわかる生き物が描かれています。しかし今のようなかわいらしいムーミンではなく、むしろ赤い目をした恐ろしい妖怪のような姿です。

その後、だんだんと、今の愛らしいムーミンの姿に変化していきます。

ムーミントロールが活躍するお話は、1945年の『小さなトロールと大きな洪水』から最終刊『ムーミン谷の十一月』(1970年)まで計9作品が、約26年間かかって出版されました。

1950年代だけでも60の言語に翻訳されるほど世界的な人気を獲得しました。

日本においても数回アニメ化されていますが、1990年に改めてアニメ化された『楽しいムーミン一家』シリーズは、100カ国で放映されるほど人気となりました。

【ムーミン公式サイト】より抜粋


ムーミンは、その姿を変えつつ、小説の中で、漫画、アニメの中で生きてきた人気者。

ただ、新聞への連載については、ヤンソンが描いたのは 1959年までで、その後は弟のラルス・ヤンソンが引き継ぎ 1975年まで連載したそうです。

それから、ムーミンの特徴といえば、個々のキャラクター、それぞれにファンが多いということ。
大体は、主人公やそれに近い人物に人気が集まったりすることが多いと思いますが、ムーミンについては、どのキャラも愛されているのではないかと思います。

というわけで、引き続き、キャラクター紹介です☆

chara_01s.gif
ムーミン
ムーミンシリーズの中心的キャラクター。
やさしい両親の愛情をいっぱい受けてムーミン屋敷に暮らす男の子。
好奇心が強く、思い込んだら周囲のことを考えずつっ走るところもあるが、やさしくて勇気がある。
スナフキンのように孤独に旅をすることに憧れているけれど、家族やともだちといっしょに楽しく過ごすのも好き。ガールフレンドのフローレンを大事にしているが、時には冒険には女の子は足手まといだと思うこともある。


chara_02s.gif
ムーミンパパ
シルクハットをかぶり、パイプをくわえステッキを持っている。
若いころは仲間たちとさまざまな冒険を体験しており、ムーミン谷に落ち着いた今でも時々昔の冒険家の血がさわぎ、ふらりと家を出ていったりする。
ムーミン谷にいる時は若かりしころの冒険の回顧録を執筆している。
息子ムーミンに受け継がれた冒険家魂を好ましく思っている。


chara_03s.gif
ムーミンママ
いつも赤と白の縞のエプロンをつけ、黒いハンドバッグを持っている。
このハンドバッグにはみんなの世話をやくために必要なものが何でも入っている。
ムーミン屋敷をみんなに開放し、訪れる者をわけへだてなく温かくもてなす、まさに「みんなのママ」。
若いころ海でおぼれそうになっているところをパパに助けられたのがふたりのなれそめ。
家のまわりを花でかざるのが好き。


chara_04s.gif
フローレン
ムーミンのガールフレンド。兄のスノークと住んでいるが、ムーミン屋敷によく出入りしている。
ふわふわした毛皮におおわれた体、かわいらしい前髪、左足には金のアンクレットと、とてもおしゃれ。
自分の愛らしさをじゅうぶん知っており、かわいいもの、きれいなものに対する執着も強い。
そのせいで時々失敗もするがやさしく愛情にあふれた女の子。


chara_05s.gif
リトルミィ
小さな小さな体に髪の毛を頭のてっぺんでたまねぎ型にキリリと結い上げた女の子。
あまりに小さくて裁縫用の小カゴにすっぽり体がはいるほど。
こわいもの知らずでだれに対しても思ったことをずばずば言う。
普段はムーミン屋敷に住んでいるが一人でいるのも好きなので勝手きままにあちこちで寝起きしている。
怒るとかみつくこともある。


chara_06s.gif
スナフキン
自由と孤独とを愛する旅人。
ムーミン一家とは仲がいいが、ムーミン屋敷に泊まることは決してせず川のほとりにテントを張って暮らしている。
ハーモニカで作曲するのが好き。
冬が来る前に南の国へ一人旅立ち、春にまた戻ってくる。
人に指図されるのを嫌い、公園に立てられた禁止事項の立て札を一つ残らず引き抜いたほど。
ミイとは姉弟の間柄。
必要にせまられれば戸惑いながらも小さい子供の世話もする。


chara_07s.gif
スニフ
ムーミンの遊び仲間で、ムーミン屋敷の常連。
父親はムーミンパパが若いころの冒険仲間。
つまりスニフとムーミンは二世同士の友達ということになる。
好奇心おう盛だが臆病でわがままなところもある。
めずらしいもの、きれいなものを目ざとく見つけ、すぐにそれをひとりじめしようと必死になる。
自分より弱いものにやさしい。


chara_08s.gif
ニョロニョロ
白くひょろりとした体に短い手がついた不思議な物言わぬ生き物。
種から生えてきて、いつも群れで行動している。
雷の電気がエネルギー源で、さわると感電する。
夕立の雷を求めて小舟に乗って移動している。
危害さえあたえなければ攻撃するようなことはない。


chara_09s.gif
スノーク
フローレンの兄。
計画を立てたり裁判したり発明したりするのが好き。
これまでにいろいろな機械や空飛ぶ船を発明したが、計画だおれのこともしばしば。
きちょうめんでまじめな性格で妹のフローレンにはけむたがられることもある。


chara_10s.gif
ミムラ
ミイのお姉さんで見た目はミイに似ているが目元がやさしく体も大きい。
たくさんいる兄弟姉妹の一番上なのでしっかり者だが夢見がちな性格なのでぼーっとしていることもある。
恋多き乙女。


chara_11s.gif
トゥーティッキ
しましまのシャツにズボン、ぼさぼさ頭にはポンポンつきの帽子。
男の子に見えるけれど気のいい女の子。
ムーミン屋敷の水浴び小屋を不法占拠しているがぜんぜん悪びれない。
何事にも動じず落ち着き払っている。
さっぱりした性格だけれどとても思いやりがある。
手回しオルガンをひいてムーミン谷に春の訪れを告げる。


chara_12s.gif
ヘムレン
ムーミン童話には数多くのヘムル達が登場する。
切手収集家のヘムル、昆虫採集家のヘムル、スキーが好きなヘムル、警官のヘムル…など様々。
アニメーションのヘムレンさんもヘムル族の出身。
植物採集に情熱を注ぎ、新種の草花を発見するのを生き甲斐にしている。
長いワンピースのような服を着て、虫眼鏡を片手に歩き回っているか、ムーミン屋敷でお茶をよばれている。
ムーミン谷の子どもたちをいつも温かい目で見守っている。


そういえば、ムーミンのアニメは、私も小さい頃によく観ていた気がします。
妖精たちの大冒険・・・ではありますが、スナフキンやミィが意外と現実的だったり、理論的だったり、ニヒルだったりして、風刺的なセリフもあったりしますよね。

反対に、ムーミンやフローレンは、愛情表現が素直だったりして。
例えば、ムーミンはフローレンの前髪を「素敵だ」と褒め、フローレンもムーミンの行動を「カッコいいわ」と褒める。こんな風に言えたらいいなと思わせてくれる可愛らしさがあったり。

そんな事もあって、大人にも大人気なのだと思います。

トーベ・ヤンソンによると、ムーミンは電話帳くらいの大きさで、【実際に存在する】のだそうです!

フィンランドといえば、サンタさんの故郷でもありますし、オーロラも見れたりします。
サンタさんやムーミンたちに会えるかわかりませんが、やっぱり、一度は行ってみたい場所です。

そして、多分、今、小説を読んだり、アニメを観ると、また違うムーミンが見えてきそうなので、改めて、ムーミンの世界を体験するのもいいなーと思いました☆

とにもかくにも、ムーミン生誕65周年、おめでとう!!

スポンサーサイト
20:37 | 好き!
comment(2)     trackback(0)
comments
去年、ムーミンに会いたくてフィンランドに行ってきたけれど、最後ヘルシンキから飛行機に乗るとき、ちゃんと飛行場には、スナフキンがいましたよ!

ちなみにスナフキンは私の理想の男性像。そして、なぜか私はミィに似ていると言われるんだけど・・・(汗)

2010/07/03 12:37 | | edit posted by らぱん♪
らぱん♪

おひさし!
コメントありがとう。
お返事をしたと思ったんだけど、ここ数回のコメントが反映されていなかったことに気が付きました。
ごめんなさい。

フィンランド、行ってきたんだ!
どんなご飯食べた?
写真とかも見たいなぁ。

スナフキン、空港に居たんだね!

ミイに似てるって?
えへへ。
なんかちょっとわかるー。
私、ミィすきだよ~♪
2010/07/30 15:19 | | edit posted by おひさま☆
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/152-0d2ba894
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。