スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 宇宙でかかるモーニングコール。投票する?作る?

昨日、打ち上げ延期されていたみちびきが無事、宇宙に飛び立ちました。

そして、現在、JAXAが、冬に種子島から打ち上げ予定の国際宇宙ステーション(ISS)へ補給物資を運ぶ宇宙ステーション補給機(H-II Transfer Vehicle: HTV)2号機の【宇宙ステーション補給機(HTV)の愛称を募集】していたり、

また、アメリカ東部夏時間11月1日16時40分(日本時間11月2日5時40分)打ち上げが予定されているディスカバリーは、今回のミッションを最後に退役します。

cbcf288a.jpg
ディスカバリー

そんなこんなで、新しく宇宙に出て行くものがあれば、任務を終えるものもある。

その歴史の中、伝統的に変わらないのは、アポロ時代からシャトルの乗務員たちは、Wake Up songで目覚めてきたということ。

従来、これらの目覚まし曲は宇宙飛行士別に選定されてきたそうです。
例えば、野口さんは野口さん専用のWake Up songがあるということですね。
そして、選定に当たるのは、飛行士の友人や家族。

しかし、今回は、11月に打ち上げられるディスカバリーで流れるWake Up Songをみんなの投票で決めよう!という企画で、現在、投票募集中。

過去に、各ミッションで実際に流れていたNASAのWake Up songs TOP40の中から、お気に入りの1曲に投票するというもの。

投票で上位になった曲は、次回打ち上げられるディスカバリーで、目覚まし曲として、実際に流れます☆

投票はこちら→【SPACE ROCK(NASA's TOP40)】

NASA_0.gif
なんとなくNASAのロゴ


更に、2011年2月26日から10日間にわたって実行される予定のラストミッションに関しては、世界中のソングライターからオリジナル曲を募ることを決定したそうです。

曲を書いて演奏できる人なら、プロ・アマ問わず、誰でも応募できます。

自作曲の演奏をアップロードする必要があり、ファイル形式はMP3のみ。

まず、寄せられた楽曲演奏をNASAの担当者が一次選考し、一次選考を通過した作品が一般向けに公開され、投票が行われるということです。

そして、上位2曲が採用され、その2曲が、最後のミッションに搭乗する宇宙飛行士たちを眠りから醒ますことになるのです。

曲を作っている方、宇宙に思いを馳せて作れる方、既に曲を作りためている方は、宇宙でデビューのチャンスですね!

応募締め切りは、2011年1月10日。
2月8日より、一般の投票が始まり、人気の曲は、2月26日打ち上げ予定のSTS-134のミッションのWake Up songに。

曲のアップロードはこちらから→【SPACE ROCK(Song Contest)】

自分が投票した曲が、更には自分が作った曲が、宇宙で任務に就く宇宙飛行士さんたちを毎朝起こすなんて、なんだか、ちょっと嬉しいですよね。

もちろん、私は既に投票しました♪
(残念ながら、曲作りのセンスは無いので、そちらは断念・・・)

投票するもよし、作るもよし。

ぜひ、宇宙の夜明けに関われる素晴らしい企画に、参加してみてはいかがでしょうか。


スポンサーサイト
12:14 | 宇宙!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/169-89c81d3f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。