スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 エビの憂鬱

今日から11月。
野菜、果物、お肉に、お魚。
まだまだ、おいしい季節ですね♪

その中で・・・えび。エビ。海老。
ロブスター。シュリンプ。

中華をはじめとして、てんぷらなどでも大活躍のエビ。
ぷりぷりな食感!
旨味。
甘み。

エビを食べると、なんだか、贅沢をした気分になります。


SANY0456-s.jpg
昨年、我が家で飼っていたエビ。水槽のお掃除屋なので、食べられません?。残念ながら、崩御。


エビとは・・・

節足動物門・甲殻亜門・軟甲綱(エビ綱)・十脚目(エビ目) Decapoda に属する動物のうち、ヤドカリ下目とカニ下目を除いた分類群の総称である。

和語の「えび」は、元々は葡萄のこと、あるいはその色のことを指す言葉であった。

葡萄の色に似ていることから蝦・海老のことを「えび」と呼ぶようになった。

現在でも「葡萄色」と書いて「えびいろ」とも読む。

「海老」の字は、長い触角(ひげ)と曲がった腰を老人に見立てたものである。


そんなエビですが、いつも、調理する度に、『エビって、憂鬱なんじゃないかな』って、思うのです。

なので、今日は、エビのお話を少し。

私と「エビ」との初めての出会いは、思い起こせば、25年以上前にさかのぼります。

エビ型なのに、カニ。
そう、ザリガニとの出会いです。

今でもそう思いますが、もう、ミニチュアのロブスターですよね。
ザリガニ。

シャーって、ハサミを振り上げて威嚇する姿は、小さくてもいっちょ前。
だいぶ、迫力がありますし。

まだ、私が小学生の低学年だった頃(多分)、家のすぐ下のところに、小さな湧き水がちょろちょろと流れているようなところがあって、そこに、ザリガニがいました。サワガニもいたように思います。

ザリガニって、見た目はエビ。でも名前には、カニ・・・。
いったい、どっちなんでしょう。

『ザリガニ』は、カニ?エビ?

ザリガニは、ザリガニ下目。

十脚目のうちカニ下目やヤドカリ下目を除いた全てはエビとみなされているので、ザリガニはエビだということになる。

十脚目のうち特殊化したグループを取り除いた残りの、原始的形質を共有しているグループ(いわば「その他」)にすぎないので、ザリガニがエビだからといって、全てのエビがザリガニに近縁とは限らない。



なんとも複雑(笑)
とにかく、『カニ』の仲間ではなく、『エビ』の仲間だという事がわかりました。
でも、ざっくりわけた『その他』は、全部エビ・・・という分類のされ方なので、細かく見れば、種類によって、また、色々と違うんでしょうね?。

ザリガニが家の下にいた当時は、私も若くて(笑)、怖いもの知らずでした。

持ち運んだり、触ったりも、へっちゃらでしたが、今は、ブラックタイガーあたりまでは大丈夫だけど、ロブスターは苦手です。(大人になってしまいました・・・)

あ、食べるのがではなく、解体するのが(笑)
うーん、でも、食べる時に解体するのも、ちょっと苦手かな・・・。

人生で、まだ一度も、ロブスターの解体作業はやったことがありません(^_^;)
って、あんまり、おうちではロブスター食べないか!

そんな私ですが、エビメニューを作ろうとして、下処理をするたびに思うんです。
「私がエビだったら、憂鬱だなぁ?」って。

せっかく、硬い殻で身を守っているのに、見事にむかれて、なんだか、恥ずかしい部分をぷるんと晒される。

更に、背わたを抜き取られ、てんぷらやエビフライでまっすぐ揚げたいという見た目の問題で、お腹に切込みを入れられたり、しっぽにも砂が入ってるからと切って、中身を出されたり。

そうなんです!
それを言ったら、魚、肉、全てそうなんです。

隅々まで、食させて頂いております。

ありがたいことです・・・と、そんな風に話を強引にまとめつつ、エビだけは、いつも、こんな風に思うんですよね。

ちなみに、エビの背綿は、なぜ取るかというと、食感、見た目、臭みの原因であることと同時に、色々な物質が蓄えられやすいんだそうで、人間の体にはよくない物質が含まれているかもしれないので、きちんと取りましょうという事なんです。

養殖の場合は、薬品が背綿に蓄積されている事も。

なんだか、エビは、身包みはがされて、憂鬱なんじゃないかな・・・と思うと同時に、やっぱり、おいしいので、身包みはがさせて頂き、恵みを享受させてもらってます!

えびせんさえもやめられない、止まらないおいしさだし☆

ありがとう、エビ!!

なんて、妄想のような、尻切れトンボのような、どうでもいい記事で、すみません?!!

今日も、みなさんが、おいしいご飯を食べられますように☆




スポンサーサイト
11:39 | つぶやき
comment(1)     trackback(0)
comments
No title
確かに・・・なんだか、プリッと恥ずかしい部分をさらされちゃう感じだよね。

でも、中華にも必須だし、てんぷらもおいしいし・・・。

私も恵みを享受しています~。
2009/11/01 12:20 | | edit posted by koiyama
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/18-05b1bbb5
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。