スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 雑巾は味がある方がいいというから。

今まで記事にも書きましたし、私を知っている人は、よーくご存知かと思いますが、信じがたいほど、不器用なんです。私。

私の祖母は、家庭科の先生だったとの事ですが、残念ながら、1%もその才能を継承できておりません(@_@)

その代わり、私の妹は、絵も上手だし、お裁縫などこまごました仕事がとても上手です。

神様は、私を作る時に、「ものづくり」の遺伝子を入れるのを忘れてしまったようです(T_T)(と、人のせいにしてみたり)


ハンドメイド以前の問題なのですが(^_^;)、

例えば、線はまっすぐ引けません。

例えば、凹に凸がうまく入れられなかったりします。

例えば、詰め替え用を入れ物に移す時、必ず、少しこぼれてしまいます。

例えば、例えば・・・挙げれば、ほーんとにキリがありません。

それでも、ハンドメイドできる人とその生活を尊敬し、憧れ、私もいつか・・・って、思うのです。

以前、書いた【不器用&お裁縫初心者の私が陥る11の事。】のお話でも書きましたが、たまにはやったるかー!と、重い腰をあげようとするんですが、図案を見て理解できなかったり、やっぱり、線が引けなかったり、裁断がうまくいかなかったりと、実際に針を持つまでにも、すでに困難な状態に・・・(T_T)

でも、ある雑誌で、ハンドメイドのカリスマの方が

「たまには、雑巾を縫ってみましょう。適当でいいんです。糸だって、1色じゃなくていいし、ステッチだって、短いのも長いのもあっていい。思うままにチクチクしたら、不細工でもそれが味になって、なかなかいいものが作れます」

なんて、おっしゃっていたもんだから・・・

よっしゃ、雑巾なら、不細工でもいいよね。と、作ってみました。

誰かに背中を押してもらわないと、やる気を出せないダメ人間です。

今日は、ちょっとだけそんなお話。


小中学校の家庭科。
嫌いではなかったです。

決して、上手にはできなかったけど、「へー、エプロン作れるんだー」と、結構楽しく製作していたことを覚えています。

なんか、人と違うアップリケをつけたりして、自己満足していました(笑)

でも、お恥ずかしいですが、その後は、ほとんど針仕事をしなくなりました。

そして、ハンドメイドは、「憧れるけど、苦手」という存在になってしまいました。


妻として、母として。
そして、もちろん、自分の楽しみのために。

「ちょっとした小物くらいだったら、作っちゃうよ」といつしか言ってみたいです。

それに、お裁縫教室に通いたいと、密かに思っていたりします。(他力本願。解決策かは不明(笑))

というわけで、ハンドメイドのカリスマの方の言葉に乗せられて、雑巾縫いました!!!

ドドーン!


PA060555.jpg


えっと・・・やっぱり、不細工です。
大人が縫ったように見えません・・・。
小学生の方がうまいですね(T_T)

カリスマの方が縫った雑巾も、本当に適当に縫ったように見え、「あ、ほんとだ、不細工が味になるんだ」なんて思ったのですが・・・・多分、元々の【ひと針ひと針】のできが違うんだと思います。

例えば、書道で、うまそうに書いても、やっぱり、上手な人は線が違う・・・といったように。

そして、私は、物事を進めるために必ず必要な【コツ】というものが、全然わかっていないのです。

以前、りんごの皮がむけなかった時に、「包丁じゃなくて、りんごの方を動かしてみたら?」と言われて、目からうろこだったことを覚えています。

きっと、そんな「うろこ」が、お裁縫にもあるんだ!!

どなたか、教えて下さいませんか????

実は、先日、初心者ハンドメイドキットを購入し、裁断まで終わりましたが、ここからが私には難解で、頓挫しております。

誰にでもできるキットだと書いてあるのに(笑)

あー。
もー。

でも、やるしかないですね。

雑巾は、ちょっと気楽なので、また、雑巾を縫ってしまいそうです(^_^;)






スポンサーサイト
08:08 | 作った!
comment(4)     trackback(0)
comments
No title
ホント、とても味があってかわいい雑巾だよ~!
色を変えてもいいし、別に真っ直ぐじゃなくても
曲線とかで思うがままにチクチクしてもいいかもよ☆
きっと王子達は学校に他の子が持ってこないような
おひさま☆オリジナルの雑巾を持って行くように
なるんだろうな~^^*
2009/11/10 10:01 | | edit posted by tomoe
No title
格言をその場で作り出し、優劣を競う番組が放送されていたんですが、タレントの誰だかが「技術があるかどうかは、関係ない。愛情がこもっていれば、妻の料理はなんでも美味しいんだ」というようなことを言っていました。
裁縫も然りだと思いますよ~。

でも私は、妻に大嫌いなチーズたっぷりの料理なぞ出されたら、絶対に食べません。チーズを使っている時点で、私に愛情なんて注いでいないわけなので…。
あ、チーズ好きな方にはすみません。
2009/11/12 01:49 | | edit posted by mixiでMisetyと名乗る顔見知りの人より
tomoeちん
いやー。本当に、小学生の方が上手な感じだよー。
色を変えたら、可愛いかもと私も思いました。
次は、変な方向に塗ったりしてみようかな。
○とか!

みんな持っていないようなオリジナル・・・ある意味。
いじめられないような物が作れるといいんだけど・・・(^_^;)

ほんと、今度、色々、教えてね。
2009/11/12 09:31 | | edit posted by おひさま☆
ミザさん
こんちはー。
コメント、ありがとう。

愛があれば・・・いいかなぁ。
でもね、本当に私の場合は、危険です。
愛があると訴えても、「うそつけー」といわれそうな、できばえになるの。

もう少し、頑張らないといけないです。
もう少しどころじゃないけど・・・

でも、ありがとう。
愛を持って、頑張るぜ~
2009/11/12 10:26 | | edit posted by おひさま☆
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/29-e8d76ef6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。