スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 炊飯器でかぼちゃのパウンドケーキ



へたくそですが、お菓子作り、好きです!

毎日毎日、色々なレシピを見たり、恐れ多くもオリジナルレシピで、失敗を恐れず、作っています!

秋といえば、食欲の秋。
おいしいものがたくさんありますね?。

栗、おいも、かぼちゃ・・・。
ほくほくするお野菜がいっぱいです。

そんなこんなで、前置きが長くなりましたが、かぼちゃのスイーツ作りがマイブームです(*^_^*)

そして、かなり、ズボラな私は、炊飯器でかぼちゃのパウンドケーキを作ってみました!!

P9230445.jpg


出来は・・・

なんとかもっちりできたかな。

作り方は簡単です!!(簡単なものしか作らないという噂ですが・・・(^_^;))

【分量】
強力粉100g
牛乳100g
バター(マーガリン)30g
お砂糖30g
ベーキングパウダー5g

耐熱ボウルにバターを入れ、レンジでチンして溶かして、そこに、それ以外のものを全て入れてよく混ぜ、炊飯器に流し入れて、スイッチオン!

それだけです。

あとは待つだけ♪

簡単なので、是非、旬を味わうお菓子、作ってみて下さい☆


お菓子作りって、色々と道具が要るんじゃないかと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、100円ショップで売っているもので、何とか始められますよ?。

実は、私も本格的な道具は持っていないのです。
でも、世の中には、優れもの、たくさんあるんですよね!

私は、シリコンウェアのスペシャリストを誇る、イタリア・シリコマート社のシリコンのお菓子型が気になってます。

230度耐熱なので、なんでも焼けますね!

色々な形や種類があるので、見ているだけでも楽しいですが、私は、星型がいいかな!
パウンドケーキとかも可愛くできそうです。

冷菓もOKとの事なので、ババロアとかも作りたい。

お菓子の事となると、夢が広がってゆきます・・・。

いつか、おいしい材料と素敵な道具で、お菓子作りしてみたいです!

ちなみに

お菓子作りにも大活躍する、今、旬の野菜たちの豆知識を少し。(ウィキペディアより)

は、マロンと呼ばれますが、本来は別のマロニエの実の事で、本来はこの実でマロングラッセを作っていたのですが、後にクリの実で代用するようになった結果、マロンにクリの意が生じたと言われているそうです。

おいもは、ご存知のとおり、でんぷんが豊富。またビタミンCや食物繊維を多く含み、便秘やダイエットに効き目があるとして、人気があるんですよね!

かぼちゃは、北米では果皮がオレンジ色の種類のみがパンプキンと呼ばれ、その他のカボチャは全てスクァッシュと総称されるため、日本のカボチャは「カボチャ・スクァッシュ」と呼ばれているんだそうです。

知ってましたか?

せっかくだから、旬の味、たくさん食べたいですね♪

あ?、おなかすいた?。


スポンサーサイト
08:48 | 作った!(お菓子)
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/3-23287a6c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。