スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 不器用&お裁縫初心者の私が陥る11の事。

【いい仕事をするには、いい道具を。】

職人さんクラスになると、本当にそうなのだと思いますが、私の場合は同じ事を言って、いい道具をそろえようとしてみも、【形から入るんだから?】と言われます(^_^;)

同じ事のような気がするのですが、なんだか、全然違う意味合いですね(笑)
それに、私の場合、確かに「形から入り」がちかもしれません・・・。

PA060547.jpg

母にもらったお裁縫箱。可愛くて、お気に入り。これが形から入るという事?(^_^;)


私はお裁縫初心者です・・・というより、お恥ずかしながら(^_^;)、家庭科の授業以来、本当に必要な時以外は、針を持つ機会はほとんどありませんでした。

なんというか、世界一不器用状態ですので、【どうせ、うまくいかない】という気持ちが先に立ってしまい、どうしても遠ざかってしまっていた分野でした。

苦手意識。
まさにそれだと思います。
いけないですね?。

でも、たまには、本当にちょっとしたもの、作ってみようと思ったりします。

そして、実際に作ってみると、不器用&お裁縫初心者の私は、あまりの自分のできなさに、いつも、負のループに陥ってしまいます(T_T)

これらを克服できれば、きっと、ハンドメイドが好きになる・・・と思うのですが・・・。

そんな私のトホホな負のループは、こんな感じです。



どうすれば、この状態、苦手意識から抜け出せるでしょうか。


【お裁縫不器用&初心者(私)が陥りやすい10の事】

・布や糸、道具は一通り集める→が、使いこなせない。

・作り方を見て、既にやる気をなくす→たくさん数字や線があり、わからなくなる。

・材料が足りないから・・・という理由で手をつけない→何かのせいにしてしまう。

・型紙をうまく切れない→不器用ですから。

・チャコペンのしるしがまっすぐ引けない→再び、不器用ですから。

・糸を長く取りすぎて、絡まる→ひじまでの長さがいいと聞きましたが、心配で長めにしてしまう。

・玉結び、玉止めがうまくできない→なんだか、ふわっとなる時がある。

・糸が途中で終わってしまうと、あたふたする→再び、始める位置などがわからない。

・縫い目がバラバラ→集中してるのに。

・作ったものの、強度が極端に弱い→ので、実際使えない。

・「ミシンじゃないから仕方がない」と言い訳をする(手縫いで素敵な物を作っている方はいっぱいいるのに)



それなら、作らず、買えばいい。
きっと、その方が、結局安上がり。
きっと、その方が、素敵なものが手に入る。

そうなのだと思いますが、自分の弱いところ、少しずつでも強化していきたいと思っています。


PA060551.jpg

こちらも母からもらったハサミ。ピッカピカです。

まずは、苦手意識をなくす事。

そして、この母から譲り受けた、ピカピカのハサミに、きちんと仕事をしてもらうこと。

さあ、できるかなぁ。


スポンサーサイト
06:31 | 困った!
comment(2)     trackback(0)
comments
No title
いやんだーよー!超!かわいいお裁縫箱じゃないですか!!!私なんか中学のときに家庭科で使うからと無理やり学校で買わされたプラスチックのへんちくりんな道具箱だよー!それにはさみなんて100円ショップで買ったやつ。。。。。。。とはいっても私もワイシャツのボタン付けくらいしか最近してないけどね(笑)
2009/10/11 13:31 | | edit posted by ひでちん
ひでちん
お裁縫箱、可愛いでしょう!
実家に眠っていたんだよ~。
材料とか、色々揃えるだけ揃えるんだけど、なかなか手が出なくて・・・。

私も小学生の時に買ったお裁縫箱、へんちくりんだったよ。

犬の絵がついてたかな。
うふふ。
懐かしい!
2009/10/13 23:18 | | edit posted by おひさま☆
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/5-f1bfd9cf
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。