スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ひなたぼっこ時間を確保せよ!

【12月に入ったのに、半袖!!】

その心は・・・(全然、謎かけしてないです(^_^;))

題名にも書いてしまいましたが、「ひなたぼっこ」です。
それ位、ぽかぽか暖かくなります!!

突然ですが、みなさん、ひなたぼっこしてますか?!?

091126-134612.jpg
ひなたぼっこにうってつけの人たち。同じところで飽きるまで、おひさまを吸収。


草花がおひさまの光を借りて、光合成をする。
動物たちも、おひさまを浴びる事によって、殺菌、癒し、あたたかさを手に入れる。

じゃあ、人間は・・・

時間がない。
ボーッとするのが苦手。

様々な理由はあれど、ちょっと、ひなたぼっこ、怠っていませんか!?

今日は、ひなたぼっこのお話を少し。


お天気がいい日は、ひなたぼっこ、本当に幸せな気持ちになりますよね。

私は、チビたちがいるので、簡単に外に行けない時もあるのですが、そんな時は家の南側のお部屋に行きます。
そして、できるだけ目を閉じて、じっと、注がれるおひさまを受け止めます。

窓を通して入ってくるおひさまですが、ぽかぽかしてきて、あったかく、いや、本当に12月でも半袖で大丈夫なくらい、暑くなります。

動植物が本能的に、日の光を自分に吸収するように、やっぱり、人間にもそういった事は重要なんだと思います。

wikipediaによると、「ひなたぼっこ(日光浴)」の効能は以下の通りです。

1.太陽光を浴びることで紫外線がコレステロールを、 人体の骨や歯の形成に必要なビタミンDに変化させる。これでおよそ必要な分のビタミンDの半分の量をまかなっている(残り半分は食べ物から得られている)

※ビタミンDが不足すると骨や歯が弱くなったり疲れやすくなったりする。

2. 汗をかくことで、新陳代謝や体温調節といった機能を活発にさせる。

3. 日の光が脳の活動を引き起こし、体内時計の調節を行う、調節がうまくいかないと生活のリズムが乱れて慢性的な体調不良を引き起こす。

自律神経の失調症などでも、適度な日光浴が勧められており、不眠症治療では戸外活動で定期的に日光浴を勧められる場合もある。


夏の日中などは、数分、光を浴びるだけで、1日に必要なビタミンDは作れると言いますし、紫外線を浴びすぎるとよくないという点から、ひなたぼっこ(日光浴)否定派の方もいるようですが、もちろん、何事もやりすぎはよくないと思います。

でも、何しろ、おひさまの光を浴びると、体中の細胞が動き出すような、じんわりあたたまる、幸せ感がたまりませんよね。

リラックス効果も抜群♪

季節やその時の体調などにもよると思いますが、是非是非、気持ちがいいひなたぼっこ時間、確保していきましょう♪

おうちにいる方はもちろん、外に出て忙しい方も、ランチの時間、休憩の時間の5分でも10分でも☆

ひなたぼっこの後、心も体もパワーアップ間違いなし!

晴れた日には、外に出て、窓を開けて、心を無にして、おひさまを全細胞で受け入れる。

できれば、目を閉じて、好きな音楽でも聴きながら、一度、脳みそ停止!

きっと、何かが動き出すと思います?(*^_^*)


HMVジャパン クラシック検索
スポンサーサイト
07:40 | 好き!
comment(2)     trackback(0)
comments
No title
子供が小さい頃はよくこうやっていました。

今はしませんね~(^^;

お日さまの下でスクスク大きくな~れ!
2009/12/08 14:33 | | edit posted by メロンパン
Re: No title
ひなたぼっこ、いつになっても必要な気がします!
大きくなるといいな~。
2009/12/13 23:53 | | edit posted by おひさま☆
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/57-5d7c2271
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。