スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 サンタさんをリアルタイムで追跡しよう!

クリスマスイヴまで、あと、5日。

どうやら、サンタさんは、世界中の子供たちにプレゼントを配る準備が整ったようです☆

サンタさんは、24日から25日にかけて、世界を飛び回るわけですが、そんなサンタさんをリアルタイムに追いかける事ができる、素敵なサイトがあります。




NORAD Tracks Santaです。

こちらのサイトは、北アメリカ航空宇宙防衛司令部「NORAD」が宇宙衛星を使って、トナカイの鼻を察知し、現在、サンタクロースがいる場所を探して、それを中継するのだそうです(という設定)

トップの映像を観るだけでも、とても美しくて、世界を旅している気分になり、ワクワクしてしまいます。

普段は見ることができない角度から、世界の有名な建造物を見られるのも嬉しい!
日本は、富士山が登場(だと思う)

運営しているのは、本当に北アメリカ航空宇宙防衛司令部「NORAD」!

こちらは、アメリカとカナダが共同運営する軍事組織。

では、なぜ、そんな組織が、このような夢のあるサイトを作ったかというと、素敵な間違いから始まったそうです。

1955 年にコロラド スプリングスに拠点を置くシアーズローバック社が、子供向けに「サンタへの直通電話」を開設したときに、誤った電話番号を広告に掲載したのがきっかけとなって始まりました。サンタにつながるはずのその番号は、なんと CONAD(NORADの前身の組織) の司令長官のホットラインの番号だったのです。

子供たちからの電話を受けた当時の司令官ハリー シャウプ大佐は、サンタが北極から南に向かった形跡がないか部下にレーダーで確認させました。そして、電話を掛けてきた子供たちにサンタの現在地の最新情報を順次伝えたことから、この伝統が生まれました。

※NORADのサイトより引用


こういう間違いを「ただの間違い」「事務的に対応」では終わらせず、それ以来、50年以上にわたって、子供たちに夢を与える伝統になるなんて、ユーモアと優しさいっぱいのアメリカらしい?。

こちらのサイトのキッズカウントダウンコーナーも、色々と楽しい仕掛けがいっぱいです。
ゲームもできます。

それから、クリスマスイブに3Dでサンタさんを追跡するには、GoogleEarthのダウンロードが必要だそうです。

英語と同時通訳(という設定)も、リアル感があって、楽しそう。

それから!
サンタさんは、子供たちが置いてくれたお菓子を食べる為に、たまに休憩を取るそうですが、クリスマス イブにもう一度このサイトにアクセスして、サンタが飛行中にいくつクッキーを食べるかを確認してみると、サンタが上機嫌で丸々と太っているのがなぜだか分かるそうですよ♪

本当に映像が綺麗で夢いっぱいなので、是非、クリスマスイブは、こちらのサイトで、サンタさんをリアルタイムに追跡しちゃいましょう?!!






スポンサーサイト
06:55 | いいね!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/78-77c19938
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。