スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 100万人のキャンドルナイト?電気を消してスローな夜を?

12月22日。
今日は、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。
そう。冬至です。

ゆず湯に入って、カボチャを食べると風邪知らずと言われていますね♪

そして、そんな今日。

candle_night_a4.jpg


「電気を消してスローな夜を」ということで、【100万人のキャンドルナイト】というイベントが行われます。

今日、夜8時?10時の間、みんなで電気を消して、キャンドルの明かりで、心を豊かに、そして、地球に優しいスローな夜を過ごしましょうというものです。

電気の下で忙しく過ごしていると忘れてしまうようなこと、普段は見えないこと。
たった2時間ですが、電気を消して、自分や世界、宇宙、過去、未来。
色々な想いを巡らせてみるのはいかがでしょうか。

・・・というお話を少し。
日本は、地球温暖化対策のために、「チームマイナス6%」から「2020年までに温室効果ガスを1990年比で、日本国内だけで25%削減するという「チャレンジ25」を掲げましたよね。

そして、今年だけでも、地球の悲鳴がニュースとして、たくさん届けられました。

遠い場所の事だから、自分の生活に目に見える変化がないから、気にならないかもしれませんが、確実に、そして、専門家の方々の予想よりもはるかに早く、地球に大きな変化が訪れています。

例えば、10億の人がお財布から1円を出せば、10億円になるように、ほんの小さなことでも、ほんの少しの時間でも、できる事は必ずあります。

せっかくの機会だから、今日の2時間は、ご飯を食べているかもしれないけど、お風呂に入っているかもしれないけど、仕事をしているかもしれないけど、電気を消して、いつもとは違う夜を過ごしましょうよ♪


【100万人のキャンドルナイト】の呼びかけです。

夏至・冬至、夜8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。

それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか。

でんきを消して、スローな夜を。
100万人のキャンドルナイト。

※100万人のキャンドルナイトサイトより


この呼びかけを読んでもわかるように、「エコ」とかを強く意識する必要も無いのかもしれません。

ただ、電気を消して、人それぞれ、思い思いに過ごせばいい。

難しい事は考えない。
ただただ、それだけ。

だから、今日の夜8時からの2時間は、是非、電気を消しましょう☆





スポンサーサイト
06:27 | ステキ!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/82-1cc32bd7
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。