スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 鼻笛(ノーズフルート)とNHK(日本鼻笛協会)

cache_1319782115.jpg
写真は、【日本鼻歌協会(NHK)】さんのサイトよりお借りしました。

みなさん、鼻笛という楽器があるのはご存知でしょうか。

そう、その名の通り、鼻で吹く笛です。

この上の写真の物が、鼻笛です。
木のバージョンとプラスチックのバージョンがあります。

いつも、私たち家族と遊んでくださる方が、気がついたら、【日本鼻笛協会(略してNHK)】の副会長(?)に就任されていて(笑)、それで、我が家にも鼻笛が伝えられてきました。

鼻笛は、単純明快。
ただ、自分の鼻息と口の形で音を出す。

楽譜なんて読めなくていい。

難しいことはわからなくていい。

ただ、鼻笛と一緒に鼻歌を歌う。

簡単に音が出て、楽しい☆

今日は、そんな鼻笛について、少し。

そもそも、鼻笛とは、なんなのでしょうか。


海外では、nose flute(ノーズフルート)と呼ばれています。

ハワイやポリネシア一帯、フィリピン北部山岳地帯、ミャンマーの一部などの民族楽器で鼻息で奏でる笛の総称です。

横笛型や縦笛型などがあるそうでフィリピン・コルディレラ地方の鼻笛は恋人や死者のために奏でられ、トンガの鼻笛は高貴な女性を起こすために用いられたりと用途も色々。

※showの音楽世界旅行さんサイトより



写真のプラスチックの鼻笛は、アメリカ製のHUMAN TONEというおもちゃ楽器。
木の方は、ベトナム製です。

鼻息で、音楽を奏でる・・・なんだか、最初は、やっぱり、恥ずかしいんです。

でも、コツをつかむと、私みたいな世界一不器用でも音が出たりして。
だけど、ピーッとかプーッとか、調子はずれの音が出たりもして。
思わず、笑ってしまったりして。

そして、なんだか、とても楽しくて、はまってしまったりして。

楽器を演奏されれる方のページによると、3オクターブと少しの音が出るそうなので、上手な方は、結構、本格的に音が出せるのかもしれません。

楽器を弾く、吹くというよりは、鼻から息を吐きながら、歌を歌うと曲になります(説明が下手・・・)

プラスチック製のものでしたら、300円位で売っています。
欲しい方がいましたら、私までご連絡を(笑)
NHKの副会長さんにお願いしておきます。

コツをつかむと、本当に簡単に音が出るので、子どもたちやお年寄りと一緒に演奏すると、盛り上がりそうな気がします!

インターネット上には、鼻笛で演奏した動画なども、多数アップされています☆

以下、私が話すよりも正確で詳しい情報が載っています。鼻笛関連のサイトです。

特に、【Daily Portal Z クリスマスに鼻笛を吹くべき7つの理由】の記事は、写真つきで、演奏の仕方なども詳しく乗っていますし、NHKの会長さんのインタビューもあり、読むと鼻笛奏者の仲間入りしたくなってしまうかも(*^_^*)

【日本鼻笛協会世田谷友の会】

【全日本鼻笛ぽっぽこぴー】

【Daily Portal Z クリスマスに鼻笛を吹くべき7つの理由】

普通に呼吸するのでも、口呼吸は、ばい菌やウィルスを吸い込んでしまってよくないんですよね。
だから、鼻笛を吹いて、鼻で呼吸する習慣をつけると、健康も保てるかも!!!

と、本当かうそかわからない強引なまとめにしてみたりして?(^_^)v

忙しい毎日、ちょっと心のゆとりがあるといいですね!

スポンサーサイト
23:52 | いいね!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/86-e079a044
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。