スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 たい焼きが街角に増殖中につき、ちょっと調べてみよう。

100102-170654.jpg
※上野のアメ横に行った時に、行列していたので買ってみた【神田達磨】のたい焼き。羽つきが売りらしい。味は・・・普通だったかな(^_^;)携帯写真+ボケボケで失礼します(@_@)

たい焼き。

年に数回しか食べないけど、

皮がパリパリしていると、ムフフ。
あんこの甘さがちょうどいいと、ヤッター!
しっぽまで、ビッシリ詰まっていると得した気分♪

そんな小さな幸せを運んでくれる小麦粉とあんこの和菓子。

最近、街にたい焼き屋さんが、増殖している気がしませんか?
いや、確実に!

白たい焼きブーム(?)もあって、第一次たい焼きブーム以来の盛り上がりかもしれません。

なんで、鯛の形なんだろう。
そんなことを、ふと思いました。

今日は、そんなたい焼きのお話を少し。
まずは、恒例の「たい焼きとは?」by wikipediaです。

たい焼きの発祥については、説が複数あり定かではない。

明治時代に鋳物の型を使って作られたとされるが、三重県津市大門「日の出屋食堂」が当時[いつかは不明の]東京や大阪のデパートに出店し全国的に広まったととも、「浪速家」の発明ともされるが、決定的な発祥の証拠は無い。

今川焼きを元に種々の動物などを模した形に焼いた菓子が生まれ、その中で縁起が良く庶民がなかなか食べられない鯛の形をしたものが特に優勢になって生き残り、以後、長く愛されるようになったものと思われている。

たい焼きの焼き型には、1匹ずつ焼き上げる型と複数匹を一度に焼き上げる型の2種類があり、前者を「天然物」「一本焼き」、後者を「養殖物」とも呼ぶ。

手間がかかる前者の焼型の使用は減少を続けているが、こだわりを持つたい焼き職人もいる 。天然物と養殖物は焼き方が違い、また、火の通り方が異なることから味も違う。



たい焼きは、いつ、どうやって生まれたか。
これは、諸説あって、定かではないんですね。

でも、今川焼き→色々な動物をかたどった→おめでたく、普段はあまり食べられない鯛の形が定着→たい焼き。
という感じでしょうか。

それから、焼き型にも「天然」と「養殖」があるとは知りませんでした。
お菓子ですが、ここは、お魚と同じ呼び方。
火の通りが違うから、味も違う。
気にした事なかったけど、食べ比べてみたいなぁ。

いずれにしても、明治時代から、長く愛されてきているんですね♪

現在、ちょっとブームになった白たい焼きは、タピオカが入っていることで、白くなり、また、モチモチした食感を楽しめ、冷めても固くならないのだそうです。

私は、まだ、未体験。
おいしいのかな、モチモチたい焼きは。

それから、「東京のたいやき御三家」は、「浪花家総本店」(1909年創業)、人形町の「柳屋」(1916年創業)、四谷の「わかば」(1953年創業)で、中でも、浪花家、たい焼きを作った元祖ともされていますし、こちらのお店の神戸守一さんは、「およげたいやきくん」のおじさんのモデルになったとも言われています。

86f23fed.jpg
※ご本人は、どうやらサービス精神旺盛で、色々とおしゃべりしてくださるようです。

どこのたい焼き屋さんが、おいしいのかな。

これは、当たり前ですが、好みになってしまうと思います。

皮は、厚いのがいいのか、薄いのがいいのか。
しっとりがいいのか、パリッとがいいのか。
あんこの甘さ。
あんこだけじゃなくて、色々なバリエーションを楽しみたいなど。

例えば、インターネットのお店をちょっと見てみたのですが、【たい焼き 麦倉】では、あんこはもちろん、抹茶、黒ゴマ、塩キャラメル、バナナクリーム、マンゴー、マロン、スイートポテト、とちおとめクリーム、ハム&チーズ、ジャーマンポテト、ツナマヨ、ベーコンエッグ、キーマカレーなど、もう、なんで入ってます!!

どんなものが、好みか、自分で食べてみるしかないですね!

あとは、ホームセンターやネットで、こんなような型(下の写真)も売っているので、自分好みのたい焼きを、自分で作っちゃうという方法もあると思います。


※1,000円位で売ってるんですね!


こちらに家庭で作れるレシピを発見。いっちょ作ってみようかな。→【たい焼きの作り方レシピ】

それから、たい焼きを色々と食べ歩かれている方のブログを発見しましたので、おいしいたい焼きを探したい方は、参考までに。

とても詳しいレポートをされている【たいぶろぐ】さんでは、食べ歩きの感想もですが、Googleの地図上で、ブログで紹介したたい焼き屋さんが確認できる、【たいまっぷ】も公開されています。たい焼き屋さん巡りには、欠かせませんね♪
(こちらに地図を貼ろうと思いましたが、なんだか、表示が遅く感じたので、気になる方は↑の【たいまっぷ】という文字を押してください。)

こちらも、東京のたい焼き屋さん限定ですが、詳しくレポートされています。【都内のたい焼き屋さんを10店舗食べ歩いて来ました2009!!】

おいしいお店を探すのもよし。
自分で作るのもよし。

たかがたい焼き。
されどたい焼き。

うーん、食べたくなってきたぞ。

小麦粉とあんことお砂糖だけで、100年も愛されてきた食文化の一つ。

せっかくだから、極めたいな。
(でも、甘すぎるあんこは苦手なんだった・・・)

スポンサーサイト
07:32 | 好き!
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://holoholomakani.blog63.fc2.com/tb.php/97-d6881890
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。