スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 【ブックレビュー】「成功はゴミ箱の中に」 レイ・クロック著

成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)
【成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝―世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者 (PRESIDENT BOOKS)】

帯には、ソフトバンクの孫さんとユニクロの柳井さんの【これが僕たちの人生のバイブル】の文字。

というわけで、起業や経営を志す方は、読まれた方も多いかもしれない、レイ・クロックの自伝。

レイ・クロックは、マクドナルドのフランチャイズシステムを構築し、今のように、全世界にマクドナルドを広めた人、いわゆる現在の「マクドナルド」の創業者。

実際は、彼がゼロからマクドナルドを作ったわけではなく、不動産、ペーパーカップの営業、マルチミキサービジネス、ピアノマンなど多くの経験をして、その中で、出会ったマクドナルド兄弟の考え抜かれたレストランビジネスに興味を持ち、外食業界素人のレイが、権利を得て、フランチャイズ化して、広めていったものです。

私は、旅が好きなのですが、宗教的な理由で受け入れられない地域は除いて(今となっては、そういう場所もかな)、コカコーラとマクドナルドは、本当にどこでも見かけるように思います。

今後は、宇宙ステーションなどにも、本当にできてしまうのでは・・・と思うくらい、都市部から郊外、どこにでもあるようなマクドナルド。

そんな偉業を成し遂げた人の自伝ということで、起業や会社を運営するノウハウが書かれているのかな・・・と思って読み始めたのですが、この本から伝わってくるのは、自信と情熱とやる気と行動力、直感。
とてもポジティブな・・・というか時にはアグレッシブ(攻撃的)なほどのパワー。

52歳で、マクドナルドを始め、恋も奔放。
欲しい物は、必ず手に入れる、夢は実現する。
生涯現役。

これだ!と思ったことは、やってみる。
しかも、全力投球するから、自信もあり、反対があれど、自分を信じ、【やってみる】。

こういった経営者や起業家は、独裁と思われ、敵も多かったかもしれない。
でも、彼は、敵も作ったかもしれないが、周囲の人の事を大切にしたことで、晩年には、もう一生会わないかもしれないと思っていた、昔のライバルと素晴らしい再会を果たしたりしている。

【成功した企業】についてのノウハウやうんちくをしっかり読みたいという人には、あまり向かないかもしれないけれど、何かを成し遂げるには、これくらいのパワーが無いとね、よし、頑張ろうーと肩を押してもらえる本だと思います。

【経営者】としてだけのレイ・クロックではなく、私生活のことも書くことにより、より、人間臭い部分にも触れることができます。

こちらは、レイ・クロックのことば。
本当に彼の人生が凝縮されていると思います。

Be daring(勇気を持って)
Be first(誰よりも先に)
Be different(人と違ったことをする)


孫さんと柳井さんの対談も、「ほー」と思うところがたくさんありました。
柳井さんの、レイ・クロックの金言、私はこう読むという付録も読み応えがありました。
ご自身のお話なども交え、レイのことば、やり方を全て、賞賛しているわけではなく、冷静な分析がよかった!

やりたい事が多すぎて、どうしたらいいか、途方にくれている私。
もし、レイが、私のおじいちゃんだったら、「何をしてるんだ!まず、やってみろ!」と喝を入れられたかもしれないなぁ。
もちろん、彼は自分の経験や直感があっての判断で成功をつかんだのですが。

文章自体は難しいことはなく、サラッと読めました。
学生さんや会社勤めの方、起業を考えている方はもちろん、なんだかパワーが足りないなぁと思っている方には、読んで頂きたい1冊かなと思います。

もう、とにかく、パッションパッションです!

14:07 | 読んだ!
comment(0)     trackback(0)

 【ブックレビュー】「アミ 小さな宇宙人】 エンリケ バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)

【宇宙】、詳しくないけど、好きです。

とてつもなく広くて。
想像もつかないほど遠くて。

0なのか1なのかなんて、どうでもよくて。

私が泣いていても笑っていても、ただそこにあって。
空を見上げれば、感じることもできて。

知ってることなんて何も無いけど、ただ憧れの存在・・・。

と、そんな未知なる宇宙ですが、「地球以外に生命が息づく星があるのか。」
そんな議論は、もう何十年も行われていて、いまだ、答えは出ていないと思います。

今年、オバマ大統領が月の有人探査計画を中止したのは【月に宇宙人の基地を発見。トラブルを回避する為】との話もありました。

真偽はいかに・・・。

それにしても、宇宙人と言うと、全身がグレーで、釣り上がった大きな目のグレイタイプが代表的だと思います。

映画などでは、タコのようなものだったり、爬虫類のようなものだったり、色々な形のエイリアンが描かれているけど。

その多くは、地球侵略を企てたりしていますが、地球にピッと来ることができる、おそらく私たちよりも進んだ文明の方々が、無数にある星の中で、わざわざ地球を侵略しに来るのかな、侵略するとしても、人間なんて全然歯が立たないだろうし、思いもつかない方法で、サラリと侵略されそう・・・

だから、宇宙人の方々が、地球に姿を現すのは、他に理由があるんじゃないかなぁ・・・なんて、ぼんやり考えていたところに、1冊の本を読みました。

世界11カ国で翻訳されているというから、ベストセラーですね。

こちらは、いい宇宙人(?)が出てきます!!


アミ 小さな宇宙人

【アミ 小さな宇宙人】 エンリケ バリオス (著)


前置きが長くなりましたが、今日は、こちらの本をレビューします☆

続きを読む... »

23:58 | 読んだ!
comment(0)     trackback(0)

 【ブックレビュー】「アミ 小さな宇宙人】 エンリケ バリオス (著), さくら ももこ (イラスト), 石原 彰二 (翻訳)

【宇宙】、詳しくないけど、好きです。

とてつもなく広くて。
想像もつかないほど遠くて。

0なのか1なのかなんて、どうでもよくて。

私が泣いていても笑っていても、ただそこにあって。
空を見上げれば、感じることもできて。

知ってることなんて何も無いけど、ただ憧れの存在・・・。

と、そんな未知なる宇宙ですが、「地球以外に生命が息づく星があるのか。」
そんな議論は、もう何十年も行われていて、いまだ、答えは出ていないと思います。

今年、オバマ大統領が月の有人探査計画を中止したのは【月に宇宙人の基地を発見。トラブルを回避する為】との話もありました。

真偽はいかに・・・。

それにしても、宇宙人と言うと、全身がグレーで、釣り上がった大きな目のグレイタイプが代表的だと思います。

映画などでは、タコのようなものだったり、爬虫類のようなものだったり、色々な形のエイリアンが描かれているけど。

その多くは、地球侵略を企てたりしていますが、地球にピッと来ることができる、おそらく私たちよりも進んだ文明の方々が、無数にある星の中で、わざわざ地球を侵略しに来るのかな、侵略するとしても、人間なんて全然歯が立たないだろうし、思いもつかない方法で、サラリと侵略されそう・・・

だから、宇宙人の方々が、地球に姿を現すのは、他に理由があるんじゃないかなぁ・・・なんて、ぼんやり考えていたところに、1冊の本を読みました。

世界11カ国で翻訳されているというから、ベストセラーですね。

こちらは、いい宇宙人(?)が出てきます!!


アミ 小さな宇宙人

【アミ 小さな宇宙人】 エンリケ バリオス (著)


前置きが長くなりましたが、今日は、こちらの本をレビューします☆

続きを読む... »

23:58 | 読んだ!
comment(0)     trackback(0)

 【ブックレビュー】「未来の魔法のランプ」 池田隆則/藤岡敬三著

未来の魔法のランプ


4月5日発売予定の【未来の魔法のランプ】という本を、頂いたので、レビューしてみたいと思います。


仕事、お金、家、友達、恋人をなくしてしまった青年のもとに突如現れた「魔法のランプ」。

その中にいる精霊の女の子との対話形式で話が進みます。

どんなに有名な人だって、
どんなにお金持ちだって、
どんなに夢を叶えた人だって、

最初から、そのような状態だった人は、ほんの一握りのはず。

エジソンが、電球を発明するのに、1,000回の試作(999回だっけ?)を経たように、「いつか必ず」という強い気持ちで、夢を叶えたひとの方が多いのではないかと思います。

こちらの本は、日々の生活の中で実践できる、ちょっと夢を叶える&幸せになれる思考のススメです。

続きを読む... »

22:22 | 読んだ!
comment(0)     trackback(0)

 【雑誌レビュー】クーリエジャポン3月号【特集:貧困大国の真実】


レビュープラスさんに、献本頂いた【COURRiER Japon(クーリエジャポン)】の3月号。

courrier065s.jpg


今回も読み応えがありそうな内容。
特集は、大国にメスを入れる、堤未果さん責任編集【貧困大国(アメリカ)の真実】

いつもドキドキ続きが気になる、NYタイムズ記者・デヴィッド・ロードの【タリバン拘束記】

様々な角度から世界や日本を知る、【世界がみたNIPPON】、【アート市場から見る世界経済】、【ミシュラン覆面調査員とランチを食べてみた】、【数字で見る世界】、【政治から文化まで各国事情】、【映画】、【気軽に世界の面白い話題が読めるchit chat】などなど。

相変わらず、どこから読むのか迷ってしまいますし、全ての内容をレビューしたいのはやまやまですが、なかなか難しいので、正統派に大特集について。

アメリカは貧困か?
日本は貧困か?

この問いに「YES」と答える人は、どれくらいいるでしょう。



日本は、歴史的背景もあり、アメリカを崇拝してきたのは周知の事実。
敗戦国でありながら、他国に占領される事なく、自分達の文化を守る事ができ、目覚しい復興を遂げてきたことで、アジアの大国という自負も強いと思います。

でも、いつも、怖い父親の顔色を伺い、反面、背中を見て、憧れてきた部分があることも確かだと思います。実像まで理解しているかどうかは別として。

そして、それは今でも変わらない。

だけど、実は、その偉大な父親は、失業した事を言えず、ただ威厳を守ることに必死だったとしたら・・・。

ブッシュが作り出した戦争負債。
サブプライムローン問題。
リーマン崩壊と金融危機。

ここ数年で、アメリカという父親は、今まで以上に苦境に立たされているのです。

そんな時に現れたオバマ大統領。
初のアフリカ系大統領。
わかりやすい言葉。
「アメリカはチェンジする」という希望に、人々は熱狂したのは、記憶に新しいですね。

当たり前ですが、オバマ大統領がチェンジできた事は、当初掲げていた事の、ほんの一握りに過ぎません。

政治、経済、人種、宗教、外交。
複雑な利害関係も絡まり、今までの歴史を塗り替える事は、そう簡単にはできないからです。


では、その中で、「チェンジ」をするのに、必要な事はなんなのでしょうか。


【貧困】は、文字通り、貧しく困っている状態であります。

でも、「あなたは貧困か?」と聞かれ、そうだと答える、または、答えられる人はどれだけいるでしょう。

そには国民性や性格、プライドなどが影響を与え、先進国と呼ばれる国の国民は、なかなか、「YES」と答えられないかも知れません。

または、過去に固執し、落ちてしまった自分の生活を認めることができないのかもしれません。

ましてや、国の単位になれば、尚更。

現実は、フードスタンプ(食糧配給券)を受け取っているアメリカ人は、人口の12%近くもいて、「食べる事に困っている」状態で、医療保険の支払いができず、病気になっても病院にかかれない人もたくさんいる。

しかも、これらは、「見た目には困っていなさそうな人々」にも、波及しているそうなのです。

同じように日本でも、失業・雇用問題等々で、「今日食べる事、寝る場所」に困っている人は、増えているというニュースが連日、届けられました。

それでも、「もっと頑張れば状況を変えられずはず」とか「あなたが怠惰だから、失業したんでしょう」とか「何でもやろうと思えばやれる。甘えてる」などという風潮があることも否めません。

自分は貧しくない。
だから、貧しいのは、努力が足りないからだと。

確かに、公的なシステムを悪用する人もいるだろうし、努力が足りない人もいるでしょう。

でも、実際にこれだけ経済が悪化しているのだから、その打撃を受け、どうしても袋小路から脱出できない状況がある事も事実なのであり、それを批判したところで、自分にとっても相手にとっても利益はなく、何も変えられない。

まずは、この現実を受け止めなくてはならないと思います。
「自分は関係ない」のではない、「明日はわが身」なのだと。


国家の指針を決定できる政治家の多くは、「貧困」と無縁かもしれません。

でも、確かに、そこにある事実を受け止めて、「自分達は、貧しく困っている」事に、目を向けるべきです。

世界での威厳を保つ事は、二の次でいいから。
他国への干渉(軍事介入、財政支援など)をする前に、自国の問題を。

認める事。
公言する事。
現場を見る事。
考える事。
動く事。

冒頭にも述べたように、複雑な問題が絡み合っていて、一筋縄ではいかな事は、百も承知。

だけど、これだけ厳しい材料が揃っているのに、シンプルに見直しができなければ、旧ソ連やギリシャのように、「国」としての存続だって、危ぶまれる。

一寸先は闇。
何が起こるかわからない。

それが、例え「偉大なる父」だとしても。

幻想よりも現実を。

貧困大国(アメリカ)の舵取りにより、世界が沈没してしまうわないことを願います。
そして、もちろん、我が国も・・・大きな帆をあげて、船出の時なのかもしれません。


やっぱり、長くなってしまったので、以下は、ひと言ずつ。

・タリバン拘束記→いよいよタリバン陣地より「脱出」。ハラハラドキドキ。極限で何ができるのかを考えた。

・世界が見たNIPPON→「日本って、やっぱり、アピール下手、自信なしだなぁ。もっと感情、感覚的に訴えられたらいいのに。伝える力かぁ・・・。」

・ミシュラン覆面調査員とランチを食べた→「食は科学。一貫性と正確さ。真であるか偽であるか」の調査員に対して、「心の赴くままに料理をしている時、一貫性を保っているか否かに関心は払いません」というシェフ。覆面調査員になるのも大変なら、星付レストランに選ばれてもプレッシャーで大変なんだ。

・ロシアで下される無罪判決の割合「0.48%」少ない!

・世界で1日にバーコードがスキャンされる回数「10億回」少ない!(バーコード管理をしている国ばかりではないと考えると、少なくないか!?)


というわけで、今回も、何度も読み返しました。
たくさんの情報をもらって、自分で掘り下げる。

これが、私とクーリエジャポンとの付き合い方。

22:56 | 読んだ!
comment(2)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。